税金Q&A 増改築等に際して行う給排水設備の取替え | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 増改築等に際して行う給排水設備の取替え

税金Q&A

増改築等に際して行う給排水設備の取替え
【Q】

調理室及び浴室の改築に際して、給排水設備を取り替えることとしましたが、その給排水設備の取替えや取付けの工事は、住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等に含まれますか。


【A】

家屋の増改築等の工事と併せて行うその工事を施した家屋と一体となって効用を果たす電気設備、給排水設備、衛生設備、ガス設備等の設備の取替えや取付けの工事は、住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等に含まれます。
住宅借入金等特別控除の対象となる増改築等には、自己の所有している家屋で自己の居住の用に供する家屋について行う次の①から⑥の工事と併せて行うその家屋と一体となって効用を果たす設備の取替え又は取付けに係る工事も含むこととされています(租税特別措置法第41条第6項、租税特 別措置法施行令第26条第21項、平成5年建設省告示1931号(最終改正平成12年建設省告示2486号)、平成20年国土交通省告示513号(最終改 正平成21年国土交通省告示第380号))。


  • ① 増築、改築、建築基準法に規定する大規模の修繕・大規模の模様替えの工事
  • ② マンションなどの区分所有建物のうちその者が区分所有する部分の床、階段又は壁の過半について行う一定の修繕・模様替え(①に該当するものを除きます。)の工事
  • ③ 家屋(マンションなどの区分所有建物にあっては、その者が区分所有する部分に限ります。)のうち居室、調理室、浴室、便所、洗面所、納戸、玄関及び廊下の一室の床又は壁の全部について行う修繕・模様替え(①又は②に該当するものを除きます。)の工事
  • ④ 家屋について行う地震に対する一定の安全基準に適合させるための修繕・模様替え(①、②又は③に該当するものを除きます。)の工事
  • ⑤ 家屋について行う高齢者等が自立した日常生活を営むのに必要な構造及び設備の基準に適合させるための修繕又は模様替え(①から④に該当するものを除きます。)の工事
  • ⑥ 家屋について行う一定のエネルギーの使用の合理化に著しく資する修繕若しくは模様替え又はエネルギーの使用の合理化に相当程度資する修繕若しくは模様替え(①から⑤に該当するものを除きます。)の工事

(注) 平成21年4月1日から平成22年12月31日までの間に居住の用に供した場合には、その対象範囲が拡大されており、エネルギーの使用の合理化に資する修繕又は模様替えの工事も含まれます。

具体的には、①から⑥の工事と併せて行うその工事を施した家屋と一体となって効用を果たす電気設備、給排水設備、衛生設備、ガス設備等の設備の取替えや取付けの工事が増改築等に含まれることとなります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!