税金Q&A 借入金等を借り換えた場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 借入金等を借り換えた場合

税金Q&A

借入金等を借り換えた場合
【Q】

次のとおり、敷地の購入に係る借入金を有していましたが、家屋の新築に係る借入金を借り入れる際に、敷地の購入に係る借入金の借換えを行った場合、住宅借入金等特別控除の適用はどのようになりますか。

平成19年10月2日 敷地の購入(敷地の購入の対価 4,000万円)
敷地の購入に係る借入金(A銀行)3,000万円
平成20年8月1日 家屋の新築(家屋の新築費用 2,500万円)
敷地の購入に係る借入金の借換え及び家屋の新築に係る借入金(B銀行)5,000万円
(敷地の購入に係る借入金の返済(A銀行))

【A】

借入金等を借り換えた場合には、新たな借入金が当初の借入金等を消滅させるためのものであることが明らかであり、かつ、その新たな借入金を家屋の 新築若しくは購入(一定の敷地の購入を含みます。)又は増改築等のための資金に充てるものとしたならば租税特別措置法第41条第1項第1号又は第4号に規 定する要件を満たしているときに限り、その新たな借入金を住宅借入金等特別控除の対象として取り扱うこととされています(租税特別措置法関係通達 41-16)。
したがって、照会の場合には、B銀行からの借入金によりA銀行の借入金の残高の返済を行っており、かつ、B銀行からの借入金が家屋の新築又は購入(一定 の敷地の購入を含みます。)のための資金に充てるものであることから、その借入金が租税特別措置法第41条第1項第1号に規定する要件を満たしていれば、 その借入金は住宅借入金等特別控除の対象となります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!