税金Q&A 住宅の取得に併せて購入したカーテン等の取得対価 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 住宅の取得に併せて購入したカーテン等の取得対価

税金Q&A

住宅の取得に併せて購入したカーテン等の取得対価
【Q】

私は、住宅の取得に併せて、その住宅の販売会社の紹介でインテリア業者からその住宅のカーテンと照明設備を購入しました。
このカーテンと照明設備の取得対価は、住宅借入金等特別控除額の計算に当たって「家屋等の取得対価の額」に含めてよいでしょうか。


【A】

照会のカーテンと照明設備の取得対価は、「家屋等の取得対価の額」に含まれません。

住宅借入金等特別控除額は、家屋の新築若しくは購入(一定の敷地の購入を含みます。)又は増改築等に係るその年12月31日における住宅借入金等 の金額の合計額を基として計算することとされていますが(租税特別措置法第41条第1項~第3項)、その住宅借入金等の合計額が家屋等の取得対価の額を超 える場合には、その家屋等の取得の対価の額を基として計算することになります(租税特別措置法関係通達41-23)。
この「家屋等の取得対価の額」には、門、塀等の構築物、電気器具、家具セット等の器具、備品又は車庫等の建物(以下「構築物等」といいます。)を家屋等と併せて同一の者から取得等をしている場合で、その構築物等の取得等の対価の額がきん少と認められるときは、その構築物等の取得対価の額を家屋等の取得対 価の額に含めて差し支えないこととされています(租税特別措置法関係通達41-26)。
照会のカーテン等は、家屋等と併せて同一の者から購入しているものではありませんので、その取得対価の額を「家屋等の取得対価の額」に含めることはできません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!