税金Q&A 退職金を手形で支払った場合の源泉徴収をすべき日 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 退職金を手形で支払った場合の源泉徴収をすべき日

税金Q&A

退職金を手形で支払った場合の源泉徴収をすべき日
【Q】

役員退職金について半額を現金で支払い、残り半額は1年後を支払期日とする手形で支払った場合、所得税の源泉徴収の時期については、手形の支払期日に支払があったものとして取り扱ってよいでしょうか。


【A】

原則として、手形の支払期日に支払があったものとして取り扱われます。

源泉徴収の時期である「支払」とは、現実の金銭の交付のほか預金口座振込等支払債務が消滅する一切の行為が含まれることとされていますが(所得税 基本通達181~223共-1)、一般に手形を振り出しても支払債務は消滅せず、また、現実の支払に当たらないことから、手形部分の金額については手形の 支払期日に支払があったものとして取り扱われます(所得税基本通達78-1参照)。

(注)

源泉徴収税額は、分割払の取扱い(所得税基本通達183~193共-1、201-3)に準じて計算することになります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!