税金Q&A 金融機関の店舗の分割があった場合の異動申告書 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 金融機関の店舗の分割があった場合の異動申告書

税金Q&A

金融機関の店舗の分割があった場合の異動申告書
【Q】

A銀行の支店が新設されたため、同銀行の隣接支店の特定地区の預金者の預金をその新設支店に移管することとなりました。
この場合、所得税法施行令第44条第1項《金融機関等において事業譲渡等があった場合の申告》の適用がありますか。


【A】

預金者の意思にかかわらない強制移管の場合には、所得税法施行令第44条第1項の適用が認められますが、預金者に選択を認める場合であれば、個別に異動申告書を提出する必要があります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!