税金Q&A 労働組合の執行委員が休日に組合行事等に従事した場合の日当 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 労働組合の執行委員が休日に組合行事等に従事した場合の日当

税金Q&A

労働組合の執行委員が休日に組合行事等に従事した場合の日当
【Q】

A労働組合では、組合事務専従者及び執行委員が休日に組合行事などに従事した場合には、日当(一日5,000円、半日 2,500円)を支給し ています。執行委員に対しては月々定額の手当を支給しており、これについては乙欄給与として課税していますが、この執行委員に支給する日当については、所 得税基本通達23~35共-2より、組合事務専従者以外の者が支払を受ける日当等として、雑所得に該当するものとして取り扱ってよいですか。


【A】

照会の日当は休日の出勤手当と認められるので、給与所得に該当します。

労働組合が遠隔地における組合大会等への出席のための日当等を組合事務専従者以外の組合員に支給しても、その組合員と労働組合との間には雇用契約 又はそれに準ずる契約関係がないことから、その日当等は給与所得に該当しないというのが所得税基本通達23~35共-2の取扱いです。
照会のように、他に定額の手当の支給を受けている執行委員については、組合との間に雇用契約又はそれに準ずる契約関係があるといわざるを得ませんから、 このような執行委員が受ける本件の日当について上記通達の取扱いを適用することは相当ではないと考えられます(所得税基本通達23~35共-2ただし 書)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!