税金Q&A 保険差益の圧縮記帳と特定資産の買換えによる圧縮記帳との関係 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 保険差益の圧縮記帳と特定資産の買換えによる圧縮記帳との関係

税金Q&A

保険差益の圧縮記帳と特定資産の買換えによる圧縮記帳との関係
【Q】

建物が火災により滅失して保険金を取得しましたが、これとは別に特定資産を譲渡して対価を得た場合、新たに建設した同一の建物について、その取得 価額の一部を法人税法第47条第1項((保険金等で取得した固定資産等の圧縮額の損金算入))に規定する代替資産(以下「代替資産」といいます。)の取得 価額とし、他の部分を租税特別措置法第65条の7第1項((特定の資産の買換えの場合の課税の特例))に規定する買換資産(以下「買換資産」といいま す。)の取得価額として、これらの規定による圧縮記帳をして差し支えありませんか。
なお、圧縮記帳適用上の他の要件は満たしています。


【A】

差し支えありません。

(理由)
現行法上は、同一資産について、法人税法第47条の圧縮記帳制度と租税特別措置法第65条の7の圧縮記帳制度の重複適用を排除する規定は定められていま せん。したがって、取得した資産が、代替資産及び買換資産のいずれにも該当するものである限り、その価額を区分して、それぞれについて圧縮記帳の対象にす ることが認められるものと考えられます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!