税金Q&A 年の中途で出国し非居住者となった者が後発的事由により帰国し居住者となった場合の年末調整 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 年の中途で出国し非居住者となった者が後発的事由により帰国し居住者となった場合の年末調整

税金Q&A

年の中途で出国し非居住者となった者が後発的事由により帰国し居住者となった場合の年末調整
【Q】

本年7月にA国の現地法人に出向しA国に2年間の予定で勤務することとなった従業員に対し、その出国時に年末調整を行いましたが、その後突発事由 が発生したことによりA国での工事ができなくなったため出向を取りやめ、10月に帰国(出向元に復帰)した従業員がいます。この者に支払う給与の年末調整 はどの方法によって行うことになりますか。
① 居住者であった期間(1~7月、10~12月)に支払う給与を合計して年末調整を行う。
② 10月~12月に支払う給与を対象にして年末調整を行う。
③ 10月~12月に支払う給与は年末調整の対象としない。


【A】

①の方法によります。

年末調整は「その年中に支払うべきことが確定した給与等」を対象として行うこととされており、年の中途において非居住者期間があった者についても、その者の居住者期間内に支払うべき給与を合計して年末調整を行います。
また、その年12月31日に居住者である者でその年において非居住者であった期間を有するものに対する所得税は、居住者であった期間内に生じた所得を基礎として計算することとされており(所得税法第102条)、年末調整の場合もこれと同様の方法により税額を計算します。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!