税金Q&A 保険差益の圧縮記帳における滅失経費の範囲 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 保険差益の圧縮記帳における滅失経費の範囲

税金Q&A

保険差益の圧縮記帳における滅失経費の範囲
【Q】

船舶沈没に係る保険差益について法人税法第47条第1項((保険金等で取得した固定資産等の圧縮額の損金算入))の規定を適用する場合において、 乗組員捜索のためにチャーターした船の用船料(船主責任相互保険により補てんされる部分を除きます。)は、その圧縮限度額の計算上、滅失経費として保険金 から控除すべきでしょうか。


【A】

船体の滅失に直接関連して支出される経費ではありませんから、滅失経費に該当しません。

(参考)

圧縮限度額 = 保険差益金の額 × 固定資産の取得などに充てた保険金などの額(分母の金額が上限)/保険金などの額 - 減失経費の額

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!