税金Q&A 米国法人に支払う延払債権に係る利子 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 米国法人に支払う延払債権に係る利子

税金Q&A

米国法人に支払う延払債権に係る利子
【Q】

内国法人A社は、米国法人B社から電子計算機を500,000米ドルで輸入し、その代金の支払を2年間の延払により行いますが、この延払債権に係る利子について源泉徴収が必要でしょうか。
なお、B社は日本国内に恒久的施設を有しません。


【A】

米国法人に支払う延払債権に係る利子については、源泉徴収を要しません。

国内において業務を行う者に対してする資産の譲渡の対価に係る債権で、その発生の日からその債務を履行すべき日までの期間が6か月を超える場合、 その債権の利子は、国内源泉所得として源泉徴収の対象とされています(所得税法第161条第6号、所得税法施行令第283条第1項)。
しかし、日米租税条約第11条第3項では、利子の受益者が米国法人であって、その米国法人により行われる物品の販売の一環として生ずる債権に関して支払われる利子は、米国においてのみ課税することとされています。
したがって、米国法人に支払う延払債権に係る利子については、日本では免税となり、源泉徴収を要しません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!