税金Q&A 利子計算期間の中途で債券を取得した場合の租税条約における利子免税条項の適用関係について | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 利子計算期間の中途で債券を取得した場合の租税条約における利子免税条項の適用関係について

税金Q&A

利子計算期間の中途で債券を取得した場合の租税条約における利子免税条項の適用関係について
【Q】

租税条約では、外国政府やその中央銀行が受け取る利子については、免税としているものがありますが、例えば、シンガポール政府が課税法人の所有し ていた利付債を利子計算期間の中途で取得した場合、日・シンガポール租税条約第11条第3項の規定により免税対象とされる利子は、保有していた期間に対応 する部分に限定されますか。


【A】

保有していた期間に対応する部分だけでなく、支払利子の総額が免税対象とされます。

日・シンガポール租税条約は、「一方の締約国内において生ずる利子であって、他方の締約国の政府……が取得するもの……については、当該一方の締 約国において租税を免除する」と規定しており(日・シンガポール租税条約第11条第3項)、また、利子とは、「すべての種類の信用に係る債権から生じた所 得、特に、公債、債券又は社債から生じた所得をいう」としています(同条第5項)。
ここでいう「公債、債券又は社債から生じた所得」とは、所有期間にかかわらず、利払日の支払利子の総額をいうものと解されることから、その所得を免税とする規定を置いている以上、利子の総額が免税対象となります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!