税金Q&A 国外で留守家族に支払われる給与 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 国外で留守家族に支払われる給与

税金Q&A

国外で留守家族に支払われる給与
【Q】

フランスの本社に勤務しているフランス人Aは、本年2月から9か月間の滞在予定で日本支社に出張してきています。
日本滞在中のAの給与は、本社からパリに住む留守家族に支払われていますが、この給与について源泉徴収を要しますか。


【A】

留守家族に支払われる給与は、国内源泉所得として源泉徴収を要します。

非居住者が日本に滞在している間、留守家族に支払われる給与については、たとえフランスにおいて支払われるものであっても、日本において勤務することにより支払われるものであり、国内源泉所得に該当します(所得税法第161条第8号イ)。
この場合、Aの日本における滞在期間は183日を超えているので、短期滞在者免税の規定は適用されず、この間に支払われた給与は日本において課税されることとなります(日仏租税条約第15条第2項(a))。
また、Aの勤務する会社が日本に支社を有していますので、フランスの本社が給与を留守家族に支払ったときに、日本支社が日本において支払ったものとみな し(所得税法第212条第2項)、日本支店が20%の税率により源泉徴収することとなります。
この場合、源泉徴収した所得税については、給与を支払った日の属する月の翌月末日が納付期限となります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!