税金Q&A 同一の土地が異なる収用事業のため買い取られた場合の取扱い | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 同一の土地が異なる収用事業のため買い取られた場合の取扱い

税金Q&A

同一の土地が異なる収用事業のため買い取られた場合の取扱い
【Q】

B社は、その所有する土地を地下鉄甲線用地としてA鉄道に譲渡しましたが、甲線の建設計画が中止となったため、契約の解除により当該土地の返還を受けました。その後、新たな計画によりA鉄道とC鉄道が建設する乙線用地として譲渡することとなりました。
この場合、次のことについてそれぞれ次のとおり解して差し支えありませんか。

1 B社は、新たな計画により譲渡する土地について租税特別措置法第64条((収用等に伴い代替資産を取得した場合の課税の特例))の規定の適用を受けることができる。

2 B社において、甲線用地としての譲渡に係る課税利益に相当する金額は、当該解除のあった事業年度の損金の額に算入することとなる。


【A】

1について……当初契約の解除があり、新たな買取りと認められますから、新たな計画による買取りが租税特別措置法第64条第1項各号のいずれかに該当するのであれば、同条の規定を適用することができます。

2について……照会意見のとおり取り扱われます(法人税基本通達2-2-16)。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!