税金Q&A 経費補償金等の仮勘定経理の特例 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 経費補償金等の仮勘定経理の特例

税金Q&A

経費補償金等の仮勘定経理の特例
【Q】

資産が収用等により買い取られたため交付を受けた経費補償金については、その交付の目的となった経費を支出することが明確である部分の金額に限 り、租税特別措置法関係通達(法人税編)64(3)-15((経費補償金等の仮勘定経理の特例))により2年間仮受経理を認められますが、同通達 64(2)-12の2((地域外の既存設備の付替え等に要する経費の補償金))の経費の補償金(以下「付替え等に要する経費の補償金」といいます。)につ いても、同様に取り扱うことができますか。


【A】

付替え等に要する経費の補償金についても同通達64(3)-15の適用をすることができます。

(理由)
付替え等に要する経費の補償金は、収用等による補償金に類するものと認められます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!