税金Q&A 違約金を支払って建築請負契約を破棄し、土地を他に譲渡した場合の譲渡費用 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 違約金を支払って建築請負契約を破棄し、土地を他に譲渡した場合の譲渡費用

税金Q&A

違約金を支払って建築請負契約を破棄し、土地を他に譲渡した場合の譲渡費用
【Q】

甲はA土地上に建物を新築すべく乙と建築請負契約を締結し、手付金を乙に支払いました。しかし、工事着工前に丙からA土地の買申込みを受け、これ を丙に売却することとしました。このため甲は、乙に支払った手付金を放棄することになりましたが、この手付金放棄による損失は、A土地に係る譲渡所得金額 の計算上、所得税基本通達33-7により譲渡費用に含まれるものと解してよろしいですか。


【A】

工事着手後であれば、その取り壊しによる資産損失が所得税基本通達33-8により譲渡費用に含まれること等からみて、照会に係る違約金も譲渡費用に含まれるものと解して差し支えありません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!