税金Q&A 地方公共団体に寄附するためのみの目的で固定資産である土地に区画形質の変更を加えてその全部を寄附した場合 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 固定資産である土地に区画形質の変更を加えてその全部を寄附した場合

税金Q&A

固定資産である土地に区画形質の変更を加えてその全部を寄附した場合
【Q】

固定資産である雑種地2,000㎡を宅地に造成した後、その土地全部をA市に寄附した個人がいます。なお、その個人は、不動産売買を業務とする者ではありません。
上記の場合において、その個人が行った土地の区画形質の変更は、販売を目的として行われたものではありませんから、所得税基本通達33-4により固定資産が棚卸資産又はこれに準ずる資産に転化したということはできず、「固定資産の寄附」として租税特別措置法第40条第1項の規定の適用があり、所得税法第 59条第1項の規定の適用についてはその寄附(贈与)はなかったものとみなされるものと解してよろしいですか。


【A】

照会意見のとおりで差し支えありません。

(理由)
寄附(業務に関連して行うものを除く。)することは、業務とはいえないので、寄附するためのみの目的で固定資産である土地に区画形質の変更を加えたとしても、そのことのみをもってその土地が固定資産から棚卸資産又はこれに準ずる資産に転化したということはできません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!