税金Q&A 集会所敷地に充てるための保留地指定があった土地との交換 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 集会所敷地に充てるための保留地指定があった土地との交換

税金Q&A

集会所敷地に充てるための保留地指定があった土地との交換
【Q】

土地区画整理事業を施行中の土地区画整理組合が、土地区画整理法第96条第1項に定めるところにより集会所敷地(この集会所敷地は、最終的には市 に寄附されます。)に充てるべき土地を保留地として定め、換地処分を行いました。個人甲は、固定資産である土地と上記の組合の保留地とを交換することにな りましたが、この交換について甲は所得税法第58条の交換の特例を適用することができますか。


【A】

集会所敷地に充てる目的であるとしても最終的に市に寄附されるものであるということは、事業費に充てるための保留地と同様に、処分を予定する土地とみられるものであり、固定資産であるとは認められません。
したがって、甲の行う土地の交換に対しては、交換の特例は適用できません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!