税金Q&A 店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算

税金Q&A

店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算
【Q】

店舗併用住宅を譲渡し、保証債務を履行しましたが、求償権の行使は不可能です。
住宅用部分については租税特別措置法第35条の規定を適用することとなりますが、この場合の譲渡所得の金額の計算は所得税基本通達64-3の4(2以上の譲渡資産に係る回収不能額等の各資産への配分)に準じて取り扱われますか。


【A】

一の資産の譲渡に係る譲渡収入金額に対する回収不能額については配分の問題が起こり得ないこと(所得税基本通達64-3の4は回収不能額の配分に ついて定めたものであり、所得計算について定めたものではない。)から、所得税基本通達64-3の4に準じて取り扱うことなく、所得計算の原則である按分 により計算することになります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!