通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要 申請手続等7 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要 申請手続等7

酒税関連情報

通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要

申請手続等7

登録免許税の納付

審査の結果、通信販売酒類小売業免許が付与される場合、登録免許税を納付する必要があります。税務署から「酒類販売業免許に伴う登録免許税の納付通知書」により通知しますので、税務署又は金融機関等で登録免許税を納付してください。
登録免許税の額は、免許1件につき3万円です。登録免許税の納付に係る領収証書は、「登録免許税の領収証書提出書」にちょう付して、指定された期日までに税務署に提出してください。


(注)

1 登録免許税法により領収証書の提出が義務付けられていますので、領収証書の現物の提出が必要です
(写しの提出はできません。)。
2 「通信販売を除く小売に限る。」旨の条件が付された一般酒類小売業免許等の条件の緩和を受け、新たに2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象とした通信販売を行う場合は登録免許税の納付は必要ありません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!