通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要 申請手続等9 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要 申請手続等9

酒税関連情報

通信販売酒類小売業免許の申請手続の概要

申請手続等9

国税電子申告・納税システム(e-Tax)について

酒類販売業免許申請書は、国税電子申告・納税システム(e-Tax)により提出が可能です。


1 事前手続(開始届出書の提出及び電子証明書の取得等)
e-Tax のご利用に当たっては、事前に開始届出書を申告所得税や法人税の納税地を所轄する税務署に提出する必要があります。
開始届出書は、e-Tax ホームページ(国税庁ホームページからアクセスできます。)からオンラインで提出できるほか、書面でも提出できます(開始届出書の様式は、e-Tax ホームページから入手することができます。)。
提出された開始届出書の内容を確認した後、税務署から「利用者識別番号」及び「暗証番号」を記載した通知書等が送付されます。
なお、開始届出書をオンラインで提出した場合、「利用者識別番号」がオンラインで即時に発行されます。
また、e-Tax 利用の際には、申請データに利用者が電子署名を行うことになりますから、「電子証明書」をe-Tax の利用開始までに取得する必要があります。


2 提出できる申請書等
(1) e-Tax を利用して提出できる申請書等は、次のとおりです。
イ 酒類販売業免許申請書(次葉を除きます。)
ロ 登記事項証明書(インターネット登記情報提供サービスを利用する場合)
(注)不動産に係る登記事項証明書および法人の商業登記に係る登記事項証明書をいいます。
なお、免許取得後の酒税に関する各種申告、届出等関係についてもご利用いただけますので、詳しくは、e-Tax ホームページをご覧ください。
(2) e-Tax を利用して提出することができない添付書類の提出方法について
e-Tax を利用して提出することができない添付書類は、申請データを送信後速やかに送付等の方法によって別途提出してください。添付書類の提出に当たっては、e-Tax のメッセージボックスに保存されている「添付書類送付書」(利用者の住所、氏名、受付番号、受付日時等が入力されています。)を印刷し、これに提出しようとする添付書類の名称等を記載の上、添付書類とともに提出してください。

3 申請書の受理等の取扱い
e-Taxを利用して申請書の提出があった場合は、送信された申請書データがe-Taxに記録された時点(e-Tax によって利用者に通知される受付日時)で到達したものとみなされます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!