酒類販売業者として留意すべき事項 契約書等の写し | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒類販売業者として留意すべき事項 契約書等の写し

酒税関連情報

酒類販売業者として留意すべき事項

契約書等の写し

《留意事項》
1 申請販売場の土地、建物、設備等が賃借物件の場合
賃貸借契約書等(申請販売場の建物等を確実に使用できることが確認できる書類)の写し(転貸の場合は所有者から申請者までの賃貸借契約書等の写し)を添付してください。


2 申請販売場の建物等が未建築の場合
請負契約書等(申請販売場の建物等を今後建築することが確認できる書類)の写しを添付してください。
また、例えば、申請販売場の建築予定地が農地等であり、建物を建築するために農地の転用の許可等を必要とするなど、法令や条例により許可等が必要となる場合には、その許可等の申請に係る関係書類の写しを添付してください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!