酒類販売業者として留意すべき事項 最終事業年度以前3事業年度の財務諸表 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒類販売業者として留意すべき事項 最終事業年度以前3事業年度の財務諸表

酒税関連情報

酒類販売業者として留意すべき事項

最終事業年度以前3事業年度の財務諸表

《留意事項》
1 申請者が法人の場合
最終事業年度以前3事業年度分の貸借対照表及び損益計算書を添付してください。
なお、この手引きの7頁で説明してあります「3 酒税法10条10号関係の要件(経営基礎要件)」のハ及びニの要件についてもご確認願います。


2 申請者が個人の場合
最近3年間の収支計算書等を添付してください。
※申請者の所得税又は法人税の納税地と申請販売場の所在地が同一税務署管内である場合において、過去3年分の所得税又は法人税の確定申告書(添付書類を含む。)をその税務署に提出しているときは、添付を省略することができます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!