酒税関連情報 酒税の税率 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 酒税の税率

酒税関連情報

酒税関連情報

酒税の税率

1 酒税は、酒類の消費に着目して負担を求める間接消費税ですが、その税率は数量による従量課税方式を採用しています。

2 酒税法では、酒類を、「発泡性酒類」、「醸造酒類」、「蒸留酒類」及び「混成酒類」の4種類に分類し、その分類ごとに異なる税率を適用することを基本としています。

参考(1リットル当たりの酒税額)

分類 該当する酒類 アルコール分 1リットル当たりの税額 1度当たりの加算額
発泡性酒類 ビール【基本税率】
発泡酒(麦芽比率25~50%)
発泡酒(麦芽比率25%未満)
その他の発泡性酒類
(ホップ等を原料としたもの(一定のものを除く)を除く)
20度未満
10度未満
10度未満
10度未満
220円
178円
134円
80円



醸造酒類 清酒
果実酒
その他の醸造酒【基本税率】
22度未満

20度未満
120円
80円
140円


蒸留酒類 しょうちゅう【基本税率】
ウィスキー/ブランデー/スピリッツ
20度
37度
200円
370円
10円
10円
混成酒類 リキュール/甘味果実酒
合成清酒
みりん
粉末酒
雑酒【基本税率】
12度



20度
120円
100円
20円
390円
220円
10円



11円
※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!