酒税関連情報 酒税免除の手続き | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 酒税免除の手続き

酒税関連情報

酒税関連情報

酒税免除の手続き

酒類が製造場から移出又は保税地域から引き取られるときは、原則として、酒税の納税義務が発生しますが、酒税 法においては、例外として、(1)酒類の原料とするための酒類を移出したり、引取る場合、(2)酒類を輸出するため移出する場合などには、酒税を免除する こととしています。


ただし、この規定は、法定期限までに、その酒類が確実に移入先に移入され又は外国に輸出されたことについての明細を記載した書類を提出すること等を要件 としており、その書類の提出がないときなどの要件を満たさない場合には、酒税の免除という法的効果は消滅し、その移出又は引取りのあった事実に基づいて、 酒税の納税義務が成立することになります。

根拠法令等:酒税法第28条、第28条の2、第28条の3、第29条

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!