酒税関連情報 酒類の卸売業を開始手続き | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 酒類の卸売業を開始手続き

酒税関連情報

酒税関連情報

酒類の卸売業を開始手続き

酒類の販売業をしようとする 場合には、酒類の販売先に応じ、酒類販売業免許を有している酒類卸売店や酒類小売店に酒類を販売する場合には「酒類卸売業免許」を、料飲店営業者や消費者 に販売する場合には「酒類小売業免許」を、販売場ごとに、販売場の所在地の所轄税務署長から受ける必要があります。

また、酒類卸売業免許及び酒類小売業免許は、販売する酒類の範囲若しくはその販売方法によって、免許の区分が 異なり、その区分に応じ、免許の要件が異なります。まずは、事業プラン((1)誰に、(2)どのような酒類を、(3)どの程度、(4)どのように販売した いのか)を明確にして、最寄りの税務署の酒税担当にお問い合わせください。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!