酒税関連情報 清酒の表示 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 地理的表示の概要

酒税関連情報

酒税関連情報

地理的表示の概要

その酒類に与えられた品質、評判等が本質的に地理的原産に起因するものと考えられる場合において、その酒類が世界貿易機関の加盟国の領域又はその領域内の地域若しくは地方を原産地とするものであることを特定する表示をいいます。


地理的表示については、知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)において、「世界貿易機関(WTO)の当該加盟国の領域又はその領域内の地域若しくは地方を原産地とする地理的表示」を保護することとされています。

(注)

TRIPS協定は、多角的貿易を中心に知的所有権やサービス貿易などの貿易に関する国際ルールを定めたマラケシュ協定の附属書で定められています。

この協定を受けて、我が国では、酒類に関しては、「地理的表示に関する表示基準」(平成6年12月国税庁告示)が定められており、「ぶどう酒、蒸留酒及び清酒」の地理的表示について、次のように取り扱うこととされています。

(1) 日本国のぶどう酒若しくは蒸留酒の産地のうち国税庁長官が指定するものを表示する地理的表示又は世界貿易機関の加盟国のぶどう酒若しくは蒸留酒の産地を表 示する地理的表示のうち当該加盟国において当該産地以外の地域を産地とするぶどう酒若しくは蒸留酒について使用することが禁止されている地理的表示は、当 該産地以外の地域を産地とするぶどう酒又は蒸留酒について使用してはならない。

(注) 我が国においては、平成7年6月、国税庁長官が国内で保護する単式蒸留しょうちゅうの産地について、壱岐焼酎の産地である「壱岐」、球磨焼酎の産地であ る「球磨」、琉球泡盛の産地である「琉球」を指定しており、これらの産地を表示する地理的表示は、当該産地において定められた方法で製造された単式蒸留 しょうちゅう以外については使用することはできません。

(2) 清酒の産地のうち国税庁長官が指定するものを表示する地理的表示は、当該産地以外の地域を産地とする清酒について使用してはならない。

(3) ぶどう酒、蒸留酒及び清酒については、当該酒類の真正の原産地が表示される場合又は地理的表示が翻訳された上で使用される場合若しくは「種類」、「型」、「様式」、「模造品」等の表現を伴う場合においても使用してはならない。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!