酒税関連情報 一般酒類小売業免許への条件緩和手続7 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 一般酒類小売業免許への条件緩和手続7

酒税関連情報

酒税関連情報

一般酒類小売業免許への条件緩和手続7

条件緩和の通知
条件緩和の通知は、「酒類販売業免許の条件緩和通知書」を交付又は送付することにより行います。また、審査を行った結果、上記5の「条件緩和の要件」を満たさないため条件緩和できないこととなった場合にも、その旨を書面で通知します。


(注) 条件の緩和を行った場合には、条件緩和年月日、免許者の氏名又は名称、販売場の所在地等を公表することとしています。詳しくは、国税庁ホームページの「お酒に関する情報」の「酒類の免許」の「酒類等製造免許及び酒類販売業免許の新規取得者名等の公表について(平成13年6月)」でもご覧いただけます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!