酒税関連情報 酒類の製造免許の概要 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 酒類の製造免許の概要

酒税関連情報

酒税関連情報

酒類の製造免許の概要

製造免許を受けるためには、税務署長に製造免許の申請書を提出しなければなりません。税務署長が、申請者の法律の遵守状況や経営の基礎の状況、製造技術能力、製造設備の状況等のほか、製造免許を受けた後1年間の製造見込数量が一定の数量に達しているかどうか(最低製造数量基準)を審査し、これらの要件を満たしていれば製造免許が付与されることになります。


酒類を製造しようとする場合には、酒税法に基づき、製造しようとする酒類の品目別に、製造場ごとに、その製造場の所在地の所轄税務署長から製造免許を受ける必要があります。


なお、初めて酒類の製造免許を受ける場合などには、必要に応じ、製造免許に期限を付すことがあります。
製造免許を受けないで酒類の製造を行った場合には、無免許製造の罪となり、酒税法に基づいて5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されることとされています。また、偽りその他不正な行為により酒類の製造免許を受けた場合など一定の場合には、製造免許が取り消されることがあります。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!