酒税関連情報 有機等の表示基準 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 酒税関連情報 有機等の表示基準

酒税関連情報

酒税関連情報

有機等の表示基準

有機農畜産物等や遺伝子組換え農産物等を原料として製造した酒類についての表示基準の概要は、次のとおりです。


① 有機農畜産物加工酒類における有機等の表示
次の基準をすべて満たす酒類(有機農畜産物加工酒類)については、酒類の容器又は包装に「有機」又は「オーガニック」の表示をすることができます。


❶ 使用できる原材料
イ 農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(いわゆるJAS法)に基づく格付をされた有機農産物、有機加工食品及び有機畜産物
ロ 有機農畜産物加工酒類
ハ イ以外の農産物、畜産物、水産物及びこれらの加工品のうち、組換えDNA技術が用いられていないなど一定の要件を満たすもの
ニ ロ以外の酒類のうち、組換えDNA技術が用いられていないなど一定の要件を満たす酒類
ホ 水
ヘ 表示基準の別表1に定める食品添加物のうち、組換えDNA技術が用いられていないもの


❷ 原材料の使用割合
原材料(水及び加工助剤を除きます。)の重量に占める有機農畜産物等(有機農産物、有機畜産物、有機加工食品及び有機農畜産物加工酒類)の重量の割合が95%以上であること。


❸ 製造その他の工程に係る管理
製造は、物理的又は生物の機能を利用した方法による等の一定の要件を満たしていること


❹ 品目等の表示
 「果実酒」、又は「果実酒(発泡性)①」の表示に併せて「(有機農畜産物加工酒類)」と表示されていること
 「(有機農畜産物加工酒類)」の表示の文字の書体及び大きさは、「果実酒」、又は「果実酒(発泡性)①」の表示の文字と同じであること


②有機農畜産物等を原材料に使用した酒類における有機農畜産物等の使用表示
次の要件をすべて満たしている場合には、有機農畜産物等を原材料に使用していることの表示をすることができます。


❶ 「果実酒」、又は「果実酒(発泡性)①」の表示に併せて「(有機農畜産物○%使用)」と表示されていること


❷ 有機農畜産物等の使用表示は、酒類の一般的な名称又は商品名と一体的でないこと酒類における有機等の表示基準


❸ 有機農畜産物等の使用表示に使用する文字は、次によること
 有機農畜産物等の使用割合が50%以上のものは、商品名の文字の活字のポイントよりも小さいものであること
 有機農畜産物等の使用割合が50%未満のものは、未成年者飲酒防止に関する表示等の文字の活字のポイントを超えないものであること


③ 遺伝子組換えに関する表示
対象農産物(とうもろこし、ばれいしょ等)又はこれを原材料とする加工食品を原材料とするものであって組み換えられたDNA等が残存する酒類については、その容器又は包装に遺伝子組換えに関する表示をしなければなりません。


なお、遺伝子組換え農産物が存在しない農産物及び当該農産物を原材料とする加工食品を原材料とする酒類に、遺伝子組換えでないことを表す用語を使用してはなりません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!