税金情報 文書回答の対象 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 文書回答の対象

税金Q&A

税金情報

文書回答の対象

国税に係る申告期限前(源泉徴収等の場合は納期限前)の事前照会に限られます。また、国税に係る申告期限前(源泉徴収等の場合は納期限前)の事前照会であっても、次のものは文書回答の対象とはなりません。


① 仮定の事実関係や複数の選択肢がある事実関係に基づくもの
② 調査等の手続、徴収等の手続、酒類行政に関係するもの
③ 個々の財産の評価や取引等価額の算定・妥当性の判断に関するもの
④ 取引等の主要な目的が国税の軽減等であるものや通常の経済取引等としては不合理であると認められるもの
⑤ 実地確認や関係者への照会等による事実関係の認定を要するもの など

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!