税金情報 配偶者への贈与と配偶者控除 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 配偶者への贈与と配偶者控除

税金Q&A

税金情報

配偶者への贈与と配偶者控除

婚姻期間20年以上の夫婦間でマイホームなどを贈与する場合は、最高2,000万円の配偶者控除を受けることができます。

 

夫婦の間で居住用不動産又は居住用不動産の購入資金の贈与があったときには、贈与税の申告をすれば、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円の配偶者控除が受けられます。
注:この配偶者控除は、同じ配偶者間において一生に一度しか受けられません。


〈控除を受けるための要件〉
①夫婦の婚姻期間が20年以上であること
②贈与財産が国内にある居住用の土地や家屋であること(その取得資金も含まれます。)
③贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与を受けた土地や家屋に実際に居住し、その後も引き続いて居住する見込みであること〈控除を受けるための手続〉


贈与税の申告書に配偶者控除の適用を受ける旨を記載し、次の書類を添付して提出する必要があります。
①受贈者(贈与を受ける人)の戸籍の謄本又は抄本
②受贈者の戸籍の附票の写し
③居住用不動産の登記事項証明書
④受贈者の住民票の写し


注1:①②は贈与を受けた日から10日を経過した日以降に作成されたものに限ります。


注2:戸籍の附票の写しに記載されている受贈者の住所が居住用不動産の所在場所である場合は、住民票の写しは添付不要です。


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!