税金情報 控除を受けるための手続(中古住宅) | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 控除を受けるための手続(中古住宅)

税金Q&A

税金情報

特控除を受けるための手続(中古住宅)

〈イ〉①の〈イ〉~〈ヘ〉の要件に当てはまること
〈ロ〉次のいずれかに当てはまること 
(a)その家屋の取得の日以前20年以内(マンション等の耐火建築物については25年以内)に建築されたものであること
(b)取得の日前2年以内に、地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準又はこれに準ずるものに適合するものであると証明されたものであること
〈ハ〉建築後使用されたことがある家屋であること


必要な添付書類
〈A〉①の〈A〉~〈E〉の書類
〈B〉債務の承継に関する契約に基づく債務を有するときには、その債務の承継に係る契約書の写し
〈C〉左記〈ロ〉の(b)の場合は、耐震基準適合証明書(その家屋の取得前2年以内にその証明のための家屋の調査が終了したもの)又は住宅性能評価書の写し(その家屋の取得前2年以内に評価されたもので、構造躯体の倒壊防止に係る耐震等級の評価が等級1、等級2又は等級3であるもの)


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!