税金情報 控除を受けるための手続(省エネ改修工事の特別控除) | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 控除を受けるための手続(省エネ改修工事の特別控除)

税金Q&A

税金情報

特控除を受けるための手続(省エネ改修工事の特別控除)

〈イ〉④の〈イ〉及び〈ロ〉の要件に当てはまること


〈ロ〉住宅ローン等の返済期間が5年以上で、しかも月賦のように分割して返済すること


〈ハ〉省エネ改修工事又は特定の省エネ改修工事を含む③の〈ハ〉の増改築等で、しかも省エネ改修工事又は特定の省エネ改修工事であること及び③の〈ハ〉に当てはまることについて一定の証明がされたものであること
(a) 居室のすべての窓の改修工事
(b) 床の断熱工事
(c) 天井の断熱改修工事
(d) 壁の断熱工事
※(b)~(d)については、(a)と併せて行うものに限ります。
改修部位の省エネ性能がいずれも平成11年基準以上となること(平成21年1月1日から同年3月31日までの間に居住の用に供した場合は、改修後の住宅全体の省エネ性能が改修前から一段階相当以上上がると認められる工事に限ります。)
改修後の住宅全体の省エネ性能が平成11年基準相当と認められる工事であるもの


〈ニ〉省エネ改修工事の工事費用又は特定の省エネ改修工事の工事費用が30万円を超えるものであること


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!