税金情報 株式等譲渡益課税制度 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 株式等譲渡益課税制度

税金Q&A

税金情報

株式等譲渡益課税制度

株式等を売却し、譲渡益が発生した場合は、原則として確定申告が必要であり、他の所得と区分して税額を計算します。


金融商品取引業者等に特定口座を開設している場合は、この特定口座での取引については、源泉徴収口座か簡易申告口座を選択することができます。


簡易申告口座の場合は、金融商品取引業者等から送られてくる特定口座年間取引報告書により簡易に申告を行うことができます。


源泉徴収口座の場合は、その口座内における譲渡益については、申告不要とすることができます。


平成22年1月1日以後は源泉徴収口座への上場株式等の配当等の受入れが可能になります。


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!