税金情報 印紙税とは 文書の種類3 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 印紙税とは 文書の種類3

税金Q&A

税金情報

印紙税とは 文書の種類3

約束手形、為替手形
1 手形金額の記載のない手形は非課税となりますが、金額を補充したときは、その補充をした人がその手形を作成したものとみなされ、納税義務者となります。


2 振出人の署名のない白地手形(手形金額の記載のないものは除きます。)で、引受人やその他の手形当事者の署名のあるものは、引受人やその他の手形当事者がその手形を作成したことになります。

記載された手形金額が
10万円以上 100万円以下 200円
100万円を超え 200万円以下 400円
200万円を超え 300万円以下 600円
300万円を超え 500万円以下 1千円
500万円を超え 1千万円以下 2千円
1千万円を超え 2千万円以下 4千円
2千万円を超え 3千万円以下 6千円
3千万円を超え 5千万円以下 1万円
5千万円を超え 1億円以下 2万円
1億円を超え 2億円以下 4万円
2億円を超え 3億円以下 6万円
3億円を超え 5億円以下 10万円
5億円を超え 10億円以下 15万円
10億円を超えるもの 20万円

①一覧払のもの
②金融機関相互間のもの
③外国通貨で金額を表示したもの
④非居住者円表示のもの
⑤円建銀行引受手形

200円

主な非課税文書
1 記載された手形金額が10万円未満のもの
2 手形金額の記載のないもの
3 手形の複本又は謄本


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!