税金情報 印紙税とは 文書の種類11 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 印紙税とは 文書の種類11

税金Q&A

税金情報

印紙税とは 文書の種類11


1 売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書
(注)1売上代金とは、資産を譲渡することによる対価、資産を使用させること(権利を設定することを含みます。)による対価及び役務を提供することによる対価をいい、手付けを含みます。


2 株券等の譲渡代金、保険料、公社債及び預貯金の利子などは売上代金から除かれます。
(例)商品販売代金の受取書、不動産の賃貸料の受取書、請負代金の受取書、広告料の受取書など

記載された受取金額が
100万円以下のもの 200円
100万円を超え 200万円以下 400円
200万円を超え 300万円以下 600円
300万円を超え 500万円以下 1千円
500万円を超え 1千万円以下 2千円
1千万円を超え 2千万円以下 4千円
2千万円を超え 3千万円以下 6千円
3千万円を超え 5千万円以下 1万円
5千万円を超え 1億円以下 2万円
1億円を超え 2億円以下 4万円
2億円を超え 3億円以下 6万円
3億円を超え 5億円以下 10万円
5億円を超え 10億円以下 15万円
10億円を超えるもの 20万円
受取金額の記載のないもの 200円

2 売上代金以外の金銭又は有価証券の受取書
(例)借入金の受取書、保険金の受取書、損害賠償金の受取書、補償金の受取書、返還金の受取書など

1通につき 200円
受取金額の記載のないもの 200円

次の受取書は非課税
1 記載された受取金額が3万円未満のもの
2 営業に関しないもの
3 有価証券、預貯金証書など特定の文書に追記した受取書


※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!