税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

ガンバレ!確定申告!!おまけ
2009.02.27

30日も連続して「超簡単経理術」をご披露してきたのに
最後に「あとは私の本を読んでください」
なんて、トンでもなく不親切な税理士ですね!?

良心の呵責から会計ソフトの超簡単入力テクをお教えしておきましょう。
今本屋でもどこでも会計ソフトが売っています。
ぜひそれを買って入力してみてください。ただし
「借方・貸方」に自信のない方は、ぜひ現金出納帳と預金出納帳から
入れてみてください。それだけで大丈夫です。

ところで、ここだけのお話ですが(また内緒話?)
私は会計ソフトの入力セミナーをやっているのです。
弥生会計と提携して「弥生カレッジ」を開校して
もう5年近くにもなります。
数百人もの一般の方を教えてきました。

普通の会計事務所が、お客さんでもない一般の方を相手にして
こんなことはやっていません。
東京の税理士では3、4人くらいしかいませんね。
どうして税理士はそんなことはやらないのでしょうか。
このお話を業界の方にいうとビックリされてしまいます。

歯医者が「虫歯予防セミナー」をやったら、また
内科医が「インフルエンザ予防セミナー」をやったら、
売上が下がって困るのでしょうか。
確かにそんなセミナーを医者もやっていないですね。
そういうことをやったら医者の業界で文句を言われてしまうのでしょうか。

他の業界は知りませんが、でももうそんな時代ではないと思うのです。
誰でもパソコンが使える時代です。
会計事務所が正しい会計ソフトの入力方法を教えても
よい時代ではないでしょうか。
キチッと入力できていればこちらの手間も省けるのです。
お互いに楽をしたらよいと思いませんか。

コッソリいいますが、本当に「ウチの先生は機械に弱くて・・・」
ていう方にも何十人とお教えしてきました。
業界のものとしてお詫びします。
すいません。税理士はパソコンに弱い人多いのです(これ本当に内緒)

「借方・貸方」も分からないような方にもお教え続けてきて
おかげで、こちらとしても非常に勉強になりました。
ノウハウにもなったのでしょう。
いずれ「個人事業の超簡単入力術」でも書きましょうか。

会計ソフトの普及に協力していたら、自然に電子申告も普及して
そのうち国税庁から「感謝状」でももらえるかもしれませんね!?

では。みなさま確定申告ガンバ!

(ガンバレ!確定申告シリーズ おしまい)


ガンバレ!確定申告!!その30
2009.02.26

「個人の確定申告を聞きたいのだ!これ会社の経理ではないの!」
ま厳しいツッコミが聞こえてきそうですね。
この本は何度もご紹介してきました、あの「個人事業の超簡単経理」の
法人版です。

数年前に、「今度は法人向けで書いてみよう」と自ら企画したものです。
法人の経理とは「損益計算書」や「貸借対照表」を作らなければいけません。
当然あの皆さんを悩ませる「複式簿記」が前提なのですね。
それを私の反骨精神から、また「借方・貸方」を一切説明しないで
書き上げたものです。
出版社に企画書もって行って、
「こうやって本出したらもっと売れますよ」
騙して!?、さらに弥生会計本社まで押しかけていって
「こんな説明したら弥生会計のソフトが売れますよ」
脅して!?、弥生会計の図版を入れてもらったものです・・・。
私にとっても結構思い出深い本です。

よくこの書き方で「個人版」をもう一度書き直してください。
というメールをいただきます。
確かにこの説明のしかたで個人版を書き直してみたら
筆者としても面白いかなとも思います。
でも、これ結構考えて努力して書いたものなのです。
そう簡単には書き直せません・・・。
それと弥生会計の図版入れるとまた著作権の関係でメンドウなのです・・・。

でも、少しだけ「著作権に触れない程度に」ご紹介しておきましょう。
まず、会社を設立したばかりの方を対象に「超簡単経理術」を
説明していきます。
それから、秘伝のワザ「エクセルで帳簿を作ろう!」となり、
それをマスターした後、弥生会計に入力してみよう!ということになります。
その間、「借方・貸方」は一切説明していません。
あっという間に申告書ができる「手はず」になっています・・・。

「本当?」と突っ込まれる方。ぜひ読んでみてください・・・。
何か、ガンバレ確定申告シリーズで最後は自分の本の宣伝で
終わりそうですね。
この忙しい確定申告の時期に、30日も連続して超簡単経理術を
説明しすぎて私も多少疲れました・・・。
この続きは「ガンバレ!3月決算シリーズ」!?でご紹介していきましょう。

では皆様。確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その29
2009.02.25

「確定申告を超簡単にやるのは、要するにどうしたらいいの?」
とお怒りの声が聞こえてきそうですね。

どうも私のブログを読み返してみると、体制への批判、業界への不平不満が
やたらと多いみたいですね。
これではいけないと思い、回り道せず結論をもっと早く書くようにしましょう。
「確定申告に悩んでいる方のためにどうしたらよいか」という
お話でしたね。

手書きの旧態依然としたやり方を、いつまでも踏襲していても何の進歩も
ないと本当に思うのです。
結論としては、だいだい皆さんが予想がつくと思うのですが
「超簡単にやるにはコンピュータをうまく活用しよう!」
ということになるでしょうか。
手書きで何度も同じことを書くくらいなら、皆様ご存知の
コピペ」で超簡単です。
毎日現金残高を電卓で計算するくらいなら、計算式を入れておしまいです。

最近の経営者の方々ならメールは当然当たり前。
パソコンくらい使えない方はいないのです。
それをなぜうまく活用できなかったのでしょうか。
それをどうして活用するように仕向けなかったのでしょうか。

それに対して、いまだに税理士側は「電子申告書をしよう!」
などといっているくらいのレベルですから・・・(また体制批判か・・・)
その話はよいとして
最終的には「会計ソフト」を導入して楽をしよう!
ということになります。
でも、ここで重要なのですが会計ソフトがあれば、
誰でも「ワンタッチ」で簡単に申告書ができる訳ではないのですね。

そのあたり私の唱える「超簡単経理術」は悩みました。
どうしても、あの誰もが悩む「借方・貸方」を説明せざるを得ない・・。
でも義務教育で「借方・貸方」を教わった経験は誰もない・・・。

本当に悩んで、悩んで、悩みぬいた結果
「借方・貸方」を一切説明しないで、決算書をつくってしまう本を書こう!
と思ったのです。

それこそが
小さな会社の超簡単経理」です!

%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE%EF%BC%88%E6%96%B0%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E7%89%88%EF%BC%89%20%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

すいません。
ガンバレ!確定申告シリースのクライマックスにまた宣伝です・・・。



ガンバレ!確定申告!!その28
2009.02.24

経理をやった方なら誰でも分かるお話なのですが
「出金伝票」や「入金伝票」を書いて「現金出納帳」に書き写す作業。
これはまったく同じことをするのですね。
さらに「総勘定元帳」まで手書きしていたらなおさらです。

例えば事務所の前に「やぶそば」があって、毎日のように
そこで得意先と食事をしたり、従業員が残業で遅くなってから
そこで食事したりしているとします。

経理の伝票も毎日のように「やぶそば」が登場してくるわけです。
本当に同じことを書いていくのはメンドウですね。
以前ご紹介した私の超簡単経理術は、やぶそばに交渉して
一カ月に一回の請求書にするのでしたね。
そうすれば月に一枚の伝票ですみます。
でもそんなことまでする方はまれなことで、毎日当たり前のように
「やぶそば」が登場してくるのです。
経理担当者としてはまた同じことを書くのはメンドウでしょう。
それこそ「やぶそば」のハンコでも作りたいくらいでしょうね。

昨日ご紹介した会計事務所でも、お客様にその伝票をキチンと書くように
指導していました。何度でも同じように。
でも何か変だと思いませんか。

昔修行していた頃、確かに変だとは思っていましたが、
「経理と言うのはこういうものだ」
と何となく洗脳されていたのでしょう。
しかも職員の立場でした。当然所長の方針に逆らってまでも
「こうやった方が楽ですよ」
とはなかなかいえないものです。

しかもこの業界の人種は、以前ブログネタにした
後ろ向き」のたいへん人種が多いですからね。

なかなか新しいことに取り組まないというか、
変えようとしない・・・。
やたら「後ろ向きの」過去にやたらこだわる・・・。

やはりもっと楽な方がよいと思いませんか。



ガンバレ!確定申告!!その27
2009.02.23

ここで自戒の念をこめて正直なお話を。

いくら超簡単経理といっても現実はやはりギャップがあります。
どうしてそんなに簡単に確定申告書が出来あがらないか。
お分かりになりますか。

日々の帳簿が、例えば「現金出納帳」であれ「預金出納帳」であれ
できたとします。
でもやはりそれで終わりでないのですね。
その先に勘定科目の集計が待っているのです。
つまり「総勘定元帳」というヤツです。
手書きでやろうとすると、それが実際には、かなりメンドウなのですね。

「だから会計事務所の存在意義があるのだ!」
多分業界の人々から言われてしまうのでしょう。
実際に多くの個人事業主はそこから会計事務所を頼りにしています。

でもそこを何とかできないのでしょうか。
結構悩んでこの超簡単経理を書いたつもりです。
自分の実体験から思いついたことも多いです。

昔会計事務所で修行していた頃、ある歯科医師の担当に
なりました。
歯科医師も個人事業主ですから、当然確定申告が必要ですね。
勤めていた会計事務所はかなり年配の所長で
割りと「古風な」経営スタイルでした。

でも一般的には多くの会計事務所でも
以下のようなサービスを今でも行っていると思います。

「出金伝票」と「入金伝票」、しかも「振替伝票」までを歯科医師に
作成してもらっていました。
なおかつ、「現金出納帳」と「預金出納帳」もです。
これだけでも十分結構な手間だと思っていました。

ただその後は何もしません。会計事務所に依頼するくらいですから
顧問料を支払ってあとは当然のごとく何もやりません。
担当者であった私は、その伝票を預かり、簡単なチェックしたあと
(これをこの業界では月次監査といって大騒ぎする人も多い・・・)
それを事務所に帰って入力する作業をやっていました・・・。

当然そこの会計事務所はそこの歯科医師から多額の
(守秘義務があるのでいえませんが多分そう思います)
顧問料をいただいていました・・・。
・・・こういうことが今でも当たり前に行われていることを
疑問をもつ人は私だけでしょうか・・・。


ガンバレ!確定申告!!その26
2009.02.20

「勘定科目」のお話お分かりになりましたでしょうか。
最初の関門なのですね。
実は次にご説明する「仕訳」というのがもっと厳しい「関所」です。
以前ご説明した「貸方・借方」のアレです。

ここで一度「助け舟」を出しておきましょう。
今までご説明してきたた「現金出納帳」と「通帳を帳簿代わりに」
というワザでかなりのレベルまで行くはずです。
これをキチンとしていただくだけで、今までの記帳
(というかほとんど何もやっていない・・)
よりかなりのグレードアップです。
もし、昨年まで税理士に
「すいません。今年も領収書と通帳のコピーを・・・」
とまったく何もせずに渡してきた方々に申し上げておきます。
今年は最低限これだけやっていたら、税理士もビックリするはずです。
さらに、領収書なんかキッチリ整理して渡したら、
(整理の仕方は私の本をお読みください。長くなるので説明は
ここではしません。あしからず・・・。)
もう「参りました」といってくれるかもしれません。
参りましたどころか「確定申告料」もマケテくれるかもしれませんね。
でも多分です。保証の限りではありません・・・。

でも残念ながら
「もうここまでで精一杯です。」
そういう方にたくさんお会いしてきました。
誰しも、やはり苦手な分野はあるものです。
「税務署」と聞いただけで、身体が固まってしまう方も
いらっしゃる!?ものです。

でも、まだまだこれではこんな不景気な時にでも
税理士から確定申告料を「ふっかけられる」かもしれません。
もう少し頑張ってみませんか。
まだまだ3月15日まで日があります。

確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その25
2009.02.19

「勘定科目」のお話をもう少し。

「勘定科目なんて間違っても仕方がないですよ」というと、
結構あちこちから反論が来ます。
「会計事務所は月次監査して勘定科目をチェックするのが仕事だ!」
そう言われてしまうのです。
「それこそが会計に携わる人の根幹の仕事だ!」
と言い張る団体もあります・・・。

まあそれはそれで正論として聞き流しておきましょう・・・。
私の「超簡単経理術」では勘定科目にこだわらずに
ドンドン処理していきましょう!と唱えています。

以下は本にも書きましたが、講習会で私が必ずいうお話なのです。
たとえば、オフィスで来客用のお茶を買ったとしますね。
さあ!勘定科目は何でしょう?

「お茶は消耗してなくなるので消耗品費かな」
「いや来客用で接待のためだから接待交際費だ」
「いやいや従業員も飲むから福利厚生費か」
「金額もたいした事ないので雑費か」
お茶一つで、こうも悩まされる訳ですから。

ここで、答えは何になると思いますか?
実はすべて正解だと私は思うのです。

極端な例かもしれませんが、たとえば商売のために切手を
買ったのに「通信費」とせずに「消耗品費」としてもいいのではないか。
と思いませんか。

商売のために支払ったという事実が証明されれば
勘定科目などあまり関係ないとまで私は思うのです。

商売のために支払ったという事実があるのに
勘定科目の区分を間違えたことで
もし税務署から否認を受けたのなら、私はあなたのために
最高裁まで争ってあげるでしょう!?

それくらい思っていただいて結構です。
ぜひ勘定科目なんかで悩まないで下さい。
確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その24
2009.02.18

バラ色の超簡単経理術をお教えする前に
昨日触れた「勘定科目」についてもう少しお話しておきましょう。
この勘定科目で引っかかる方は、本当に多いのです。

語学のたとえで恐縮ですが、やはり英語でもフランス語でも
学ぼうとすると、最初に単語を覚えますね。
新しいことをやろうとすると、どうしても今まで知らなかった言葉
出てきます。
学生時代の時なら、
「試験に出るから」とか
「受験勉強のために・・」
という理由でイヤイヤ覚えましたね。
でも独立開業するような方は、学生時代なんて、ずいぶん前のことでしょう。

経理や会計を勉強しようとしても、すぐ専門家はそれこそ
そういう難しい専門用語を使って説明しようとします。
だからダメなのですね。

普通の方は、そこで拒絶反応を起こしてしまうのです。
この点、日常の業務をやっていて結構気をつけていることです。
税理士側も反省すべき点だと感じています。
難しいことを難しく話すのは誰でもできます。
知らないことをどうやってやさしく覚えてもらうかなのです。

先日の例で言いますが、
「切手代は通信費」など覚えないと前に進めないですからね。
万人が義務教育で勘定科目を学んだ経験があればいいのです。
でも義務教育で簿記会計を教えないですからね。

要するに日本の教育が悪いのだと、よくあちこちで
「一応コソコソ」言っています。
でも勘定科目くらい間違えてもいいではないか。
そう私の超簡単経理では主張しています。

税務署から文句くらい言われても
中学校で切手代は通信費と教わらなかったから・・・」
胸を張って堂々と(オードリーの春日のように!?)
言ってみてください!?


ガンバレ!確定申告!!その23
2009.02.17

昨日の究極の門外不出のテクニック
お分かりになっていただけたでしょうか。

でも一人で自己満足しているのかもしれませんね。
多分こういう「突込み」が来ます。

「帳簿がいくら簡単にできたって申告書どうするの?」
「その帳簿を税務署へ持っていけばいいの?」

そうでしょうね。
日々の帳簿ができたとします。
でもそれからまた大変なのですね。
もちろんそれだけを税務署に持っていってもダメです。
実際には、そのあと集計作業があります。

ただここでその「集計作業」に入る前に、今までの経験から
ある問題が起きます。
帳簿のイロハのお話なのですが、日々の記帳をして
その科目に分けるとい一大難所が待っているのです。
科目とは簡単に言えば「分類の基準」です。

どうもここで挫折する人も多いのです。
その科目とは、専門用語で「勘定科目」といいます。
これが厄介なのですね。
聞いたことがない言葉が出てきます。

帳簿を初めて作ろうとする方にとっては、「まったくの外国語」なのです。
電車賃は「旅費交通費」になります・・・。
そんなことは、我々専門家にとっては当たり前のことかもしれませんが、
帳簿なんか見たことない方には、どうしてもここでつまずいてしまうのです。

例えば、ある日80円切手を10枚買ったとしますね。
800円の経費になるのは分かるとは思いますが、
「勘定科目は何になるのだっけ?」
そこでつまずいてしまう方も意外に多いのです。

切手=通信費と分かる方は、多少慣れている方です。
実際にはそれ以外にも、悩ませられる勘定科目はいくらでもあります。

結論的には慣れていただくしかないのです。
外国語」だと思って、最低限の単語を覚えてください。

難しいことを言いません。税務署から送られてくる「決算書」に
書いてある勘定科目=単語を知っていただくだけでいいのです。

それさえ我慢していただければ、「バラ色の超簡単経理術」へ
私が導いて差し上げます・・・・!?


ガンバレ!確定申告!!その22
2009.02.16

さあ!本日からいよいよ確定申告がスタートしました。
もう申告書は提出されましたか!?
確定申告に悩んでいる方のために超簡単経理術をお教えして、
さっさと申告書を提出して、この苦しみから開放して差し上げましょう!

確定申告スタート記念!
先日からお伝えしている「超簡単経理術」のいよいよクライマックスです。
「通帳を帳簿代わりにするワザ」の門外不出のテクニックを披露しましょう。

このお話を講演会ですると、その瞬間に受講している方の目付きが
サッと変わるのが分かります。
「何だ!そんな楽なことができるのならもっと早く話してよ!」
もう本当にそんな文句が聞こえてます。

実務簿記の講習会の講師をよくやるのですが、
最初は「一応」借方・貸方のお話を「イヤイヤ」やります。
本当は講師としてこの「借方・貸方」のお話はしたくないのですが
主催者側から「簿記講習で複式簿記の話はしないとは・・」
といわれてしまうので仕方なく話すのです。

でも、正直受講者はつまらなそうなのです。
でもそのあと、超簡単経理術を話すと受講者が乗ってくるのが
分かります。
最後にこのお話をすると、先ほどの文句が出てしまうのです。

さあ!また引っ張らずに「門外不出のテクニック」をお教えしましょう・・。
・・それは「超簡単!通帳をコピーして帳簿を作るワザ」
です。

それは具体的に、この実物を見せて説明していきます。

%E9%8A%80%E8%A1%8C%E9%80%9A%E5%B8%B3%E4%BB%95%E8%A8%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88.bmp

何のことはないのですが、通帳をはさんでコピーするだけの道具です。
左側の透明な部分に通帳を裏返してコピーしておしまいです。
先日来お教えしているワザを、さらにあっという間に帳簿に変身してくれます。
ここで特定のメーカーの商品なので宣伝するわけにはいけませんね。
でも一枚7000円もする特許商品なのですが、
この商品を私のお客様に買って差し上げることがよくあります。

本当に帳簿作成の苦しみから解放されるようです。
どうでしょうか・・・。確定申告ガンバ!


ガンバレ!確定申告!!その21
2009.02.13

さあ!アクセスを増やして金メダルを取るために、
超簡単経理術のノウノウを公開していきましょう。
昨日のメールで本当に自信もいただきました。

また、この税理士業界で、「門外不出のノウハウ」
みたいなことをいう先生がよくいます。
そんな本まで書いている先生もいます。それこそ
「究極のノウハウですのでだから報酬高いのです・・・。」
などと・・・。
それほどすごいことはないものです。
私に言わせたら「単なるハッタリ」です・・・。

通帳を帳簿代わりにする裏技をもっと進化させましょう!
「通帳からキッチリ払い出す作戦」です。
例えば4万7500円を支払う必要が出たとしますね。
私が常々主張する「振込作戦」が使えればより簡単なのですが、
先方は現金支払で、と要求してきているとします。
この場合、通帳からキッチリ4万7500円払い出すのです。
ただ、単なる引き出しでは支払先が印字されませんね。
何もしなければ、あとから通帳を見て
「この4万7500円は何だったかな?」
ということになります。
これも以前ご紹介したように、通帳の右脇に「支払先の名前」と「内容」を
書いておけばいいのですね。
通帳にメモでも何でも書くようなクセを付けましょう。
まさに通帳を帳簿代わりにするのです。

でも本当に忙しくて、そんな通帳にいちいち書いていられない!
と言う方のために究極の「手抜き」テクニックを。
通帳からキッチリ払い出したら、とりあえず番号を振っておくのです。
これは月ごとでも年毎の連番で構いません。

先ほどの例のように4万7500円をを払い出した際に、
例えば⑩とでも振っておいて。領収書にも⑩と書いておくのです。
そうすれば、あとからその領収書をみて確認しながら預金出納帳に
記載できますね。

ただこれをご紹介すると
「毎回お金が動くたびに銀行なんか行っていられるか!」
と反論がきます。

よって、それほどお金の動きがないご商売や、
本当に「手抜き」経理をしたい方だけにコッソリお教えしておきましょう。

ただ銀行の時間帯によっては硬貨が出なかったりします。
また中小の銀行では札しかでないCD機も多くあるようです。
その点ご注意して「手抜き」してください・・・。ガンバ。



ガンバレ!確定申告!!その20
2009.02.12

どうやったらブログランキングの金メダルを取れるか
必死に考えていたところ、大変うれしいメールをいただきました。
今日はそれをぜひご紹介しておきましょう。
名前だけ伏せて原文のままアップします。

-------------------------------------------------------------------
はじめまして。

出産祝いのギフト、おむつケーキの制作販売をしております※※※と申します。

実は、今年はじめての確定申告で何をどうしたらよいのかさっぱり分からず、
困っていたときに本屋で何気なく手に取った先生の本が大当たりでした。

このような本が欲しかった!

まさにそう思える1冊でした。
『これならできる!個人事業の【超簡単】経理』
この本は最高です。

痒いところに手が届き、具体的に何をすればよいのかがよく分かりました。

取り急ぎお礼を申し上げたく、メールを差し上げました。
また先生の新刊本がでましたらぜひ読ませて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

これからお忙しい時期だと思います。
どうぞお体を大切になさってくださいませ。
-------------------------------------------------------------------

こういうメールいただくと作家(!)として本当に涙が出るほど
うれしいものです。
実は「おむつケーキ」という言葉知らなかったのですが、
「おむつケーキって何?」と職員に聞いたら、
「先生!知らないんですか!」と言われてしまいました・・・。
知らない方はぜひヤフー検索してください。そのお店にすぐヒットします。

うれしさのあまり、ビスカスの八木社長に「おむつケーキ」を
バレンタインに送ろうと思ったのですけど、あまりにKYで「取引停止」になると
困るのでやめました・・・・。

ということで金メダルの獲得の際には
『これならできる!個人事業の【超簡単】経理』を先着3名様に!
「おむつケーキ」もつけましょうか!(それこそいらない?)


ガンバレ!確定申告!!その19
2009.02.10

「現金取引を減らすためにクレジットカードを活用しよう!」
と先日ご紹介しましたね。
必ず保守派の方から「突っ込まれるので」先に言っておきましょう。

手抜き経理をしようとしながら、余計にメンドウになるケースです。
これは、多分伝統的な経理手法に反するのですね?
本当に「余計大変だ!」とうるさい方から文句がでます・・・。

例えば、
「これはいいこと聞いた」とばかりに何でもカード支払にすると
旅費交通費や交際費などあらゆる勘定科目が出てきます。
よって余計にメンドウになります。
しかも経費にならないものまでもカード支払をしようとすると困るのです。
例えば、最近観月ありささんがやっているCMご存知ですか?
夏目漱石と福沢諭吉が出てくるアレです。
VISAカードで国民年金が払えるようになったのですね。
これは非常に便利な世の中になってきたとは思うのですが、
はたして国民年金は経費でしょうか。
これは税務上は社会保険控除の対象になるくらいですので
まったくの家事費とされ経費になりません。
経費にならないものまで何でもカード支払にされたら
たまったものでありません。

これの対処法として超簡単経理術としては、
「カードを使い分けよう」とお勧めしています。
例えば、ガソリン代の支払はスタンド系のカード会社にする。
旅費交通費はスイカのクレジットカードでにするなどです。

それと大事なお約束として、経費にならないものは
仕事用のカードでは絶対に支払わないで下さい。
先ほどの国民年金を、もし、ポイントが欲しいとか
観月ありささんのファンでどうしてもカード支払にしたいのなら、
以前ご紹介したプライベート用の通帳から引き落としされる
クレジットカードにしたらよいのですね。

あとクレジットカードの支払は経理を簡略化すると思いますが
リボ払いされるとトンでもなく難しくなります。
これだけはやめてください。

しかし、なんかまたクレジットカード普及協会の・・・。


ガンバレ!確定申告!!その18
2009.02.09

誤解のないように申し上げておきますが、
経理部長さんのお仕事を否定している訳ではありません。

経理と言う仕事は、営業に比べたら地味で根気のいる仕事です。
お金を扱うので確かに気も使います。
給料など社内の機密事項も扱うので、会社の中では別のフロアーで
「こそこそ」やっていたりします。
ある程度大きな規模の会社では、そういった仕事を取りまとめたり、
チェックする役割としての経理部長さんは当然必要でしょう。

ただ、もっと小規模な会社や、それこそ個人事業の方に、
大企業並みの経理体制や帳簿の作成を要求すること自体
無理だと思うのです。
個人事業なんか、それこそ私もそうですが、
一人で「営業部長」と「総務部長」と「経理部長」を
やらなければ゙いけない訳です。
とりわけ営業活動を中心にしなければ、本当に明日の生活費すら
稼げないわけですね。
自宅に夜遅くなって帰ってきて、疲れた身体で現金出納帳を
付けるのはやはり大変なのです。

私自身それが分かってるからこそ
「毎日現金出納帳を付けてください」
とやはりお願いしにくい訳です。
だからこそ現金取引を少なくするような努力をされたらどうでしょうか。

超簡単経理は「伝統的な経理手法をかたくなに守り続けている」
経理部長さんから反発を受けることは重々承知です。

先日ご紹介した「現金売上も全額入金するワザ」も、保守派の方から
「現金売上の仕訳をやって、それから現金入金の仕訳の都合2回伝票を
起こすべきだ!」
と言われてしまうのでしょう。

確かにそれが正しいとも思いますが、でも個人事業の方なら
「普通預金に売上が入金しただけの一回の仕訳」で
何の課税上弊害はないと思うのです。
税務署で否認してきたら、私が最高裁まで(!)争ってあげます!?

大企業の経理体制は確かにきちんとしています。
だからこそ経理部長さんの仕事があるのでしょう。
個人事業の方は忙しくて日中銀行なんかいっていられないですよね。
その意味でも自動振替をお願いしている訳です。
インターネットバンクでも銀行に行く必要がありません。

この厳しい経営環境下、経理などはできるだけ「手を抜いて
ぜひ本業の売上獲得にまい進してください・・・。

おかげさまで税理士ブログランキング初の銀メダル獲得!目指せ!金メダル!!


ガンバレ!確定申告!!その17
2009.02.06

これから「超簡単経理術」の根幹に入っていきます・・・。
どこまでブログで公開しようか、結構悩みながら書いています。
これを紹介すると
「何だ!手抜き経理ではないか!」
とお叱りを受けることも実は分かっているからです。
そう文句を言われるところは、多分先日ご紹介したような老舗の会社
からです。

(これからお話をすることはあくまで架空のお話です!?
特定の会社を言っている訳ではありません。)

そういう老舗の会社には、必ず「金庫番」と言われるような"老"経理部長
います。
そういう方が、多分率先して、いまだに「現金払い出し」の給料支払を
やっています。

「昔からやっているのだ。」
なかなか振込にしてくれません。
時代がどんなに変わっても自分の仕事のスタイルを変えようとしません。
自分の経理スタイルに誇りすら思っているからです。

昨日お勧めした「スイカ・カード」なんか話したら大変です。
「営業マンが不正しないように、どこに行ったか報告させチェック
しなければいけない。」
毎回行き先を書かせて、チェックした後に現金で支払い、受領印を
もらわなければいけない・・・。これが経理の基本だ。

そう反対されてしまいます。
「だいたいクレジットカードなんか持たせたら、接待費を使い放題
ではないか・・・。」

現金の払い出しのつど、支払者だけでなく、担当課長に確認印を押させ
それを経理部に回せて、経理の出納帳担当者の検印を押させ、
最後に部長である私がチェックする。
「これで当社も創業以来不正がないのだ・・・。」

そもそも、このような"老"経理部長から
「手書きの現金出納帳こそ経理の基本だ。
コンピューターなんか導入したら簡単に書き換えることができ
誰でも不正ができるではないか。」

こうも言われてしまうのですね。
さあ、超簡単経理術の天敵。老経理部長との激しい"バトル"を
始めてみましょう。



ガンバレ!確定申告!!その16
2009.02.05

また「無料相談」ネタで熱くなってしまいましたね。
確定申告で悩んでいる方のために、超簡単経理術!のお話に戻しましょう。

先日申し上げた「口座振替」や「家賃の定額送金」もそうですが、
できるだけ現金支払はヤメて、銀行振り込みになるよう努力してください。
目的は、メンドウな現金の処理を減らすことです。

商売で重要な仕入代金の支払も、いちいち現金払いとしないで
まとめて月末締めの翌月請求など仕入先に交渉されたらどうでしょうか。
また、仕入先などの経費も口座振替にするところも増えてきました。
私も商売柄、会計用品を常に大量に購入していますが、
専門業者からネット購入して月締めの口座振替にしています。

仕入以外でも、例えば「アスクル」とか「オフィスデポ」など
文房具の通販が最近流行っていますね。
最近では、文房具屋で購入するより、そういったサービスを利用する方も
増えてきたのではないでしょうか。
このサービスも申し込めば口座振替に応じてくれます。
商店街の文房具屋さんにはたいへん申し訳ないですが、
経理的に「現金100円でボールペン1本買った」などと処理するより
月締め一枚の伝票にすればまさに超簡単です。

またクレジットカードなどもうまく利用されたらいかがでしょうか。
例えば営業車を多く使っている業種で、毎日のようにガソリン代の
支払があるのなら、それこそガソリンスタンド系のクレジットカードに
したらどうでしょうか。
毎月一枚の伝票でおしまいです。

また私も利用していますが、JRのスイカカードも実に便利です。
クレジットカードに兼用されているので、クレジットでチャージできるのですね。
今スイカカードは首都圏では、地下鉄もバスもほとんど乗れます。
ですから、いくら利用しても毎月伝票一枚です。

またETCも実に便利です。
現金で高速代を毎日支払っていたら、トンでもなく経理は煩雑ですね。
これまた一枚で済みます。

どうでしょうか。
あなたも今日から「超簡単経理人」になってみませんか!


ガンバレ!確定申告!!その15
2009.02.04

なぜ私がこれほどまでに「無料相談」にこだわるか、
衝撃的なエピソードを正直にご披露しましょう。

私は忘れもしない平成4年5月15日。
あの「いろいろな意味で有名な」野村證券を退職しました。
「税理士になります!」って退職したのだから、
当然それから税理士試験の勉強を必死にしていたのですね。
ところで、退職後働かずに簿記学校に通い出したのだから、
平成4年の私自身の確定申告が必要ですね。
当然その翌年の3月。私は確定申告をしに税務署に行きました。
さて、その確定申告書は自分で書いたのでしょうか?

これは本当に正直に申し上げておきます。
無料相談」の会場に行き、税理士に申告書を書いてもらったのです!

「何だ!税理士になろうとする者が自分の申告書も書けなかったのか!」
そう突っ込まれても仕方がありません。
生まれて初めて見る「確定申告書」でしたので、
本当にチンプンカンプンでした。
昔の税務署の説明の用紙は今と違ってトンでもなく不親切でした。(内緒)
本当にどうしたらいいのか分からないので、税務署に行ったわけです。
その頃は税務署のHPもなく、税務署に行くしかなかったのです。

ただ少し言い訳を。
平成4年の9月から本格に試験勉強をスタートしていました。
その頃は、「財務諸表論」と「法人税法」と「相続税法」の三科目を
寝る間を惜しんで勉強していました。
本当に厳しい勉強をしていました。
その三科目がどれだけ大変か、やったことのある方に聞いてください。
忙しくて申告書を書いているヒマもなかった・・・。(本当に言い訳
要するに所得税をまだ勉強したことがなかった訳です・・・。(また言い訳

でも、その時の気持ちを忘れないでおこうとも思っています。
大事な経験です。
(こんな経験したことのある税理士も少ないか・・)
何も知らない私に対して、その時担当してくれた税理士は
本当に親切に教えてくれました。
しかも代書まで全部してくれ、私の申告書を書き上げてくれました。
「何て親切な税理士だろう」
本当に思いました。
万が一職業を聞かれたら「税理士志望者です。」なんて、
とても口が裂けても言えるはずもなく、借りてきた猫のように
小さくなっていたと思います。
その代書してもらった確定申告書は今でも大事にとってあります。

今だったら、それくらいの申告書ならあっという間に書けてしまうのでしょう。
でもその当時の私は何が何だか本当に分からなかった・・・。
そんな男が数年経って確定申告で偉そうにウンチクをたれている・・・。

でも今思えば、本当に良い経験をしたとも思っています。
「この人はどんな気持ちで今説明を聞いているのだろう・・・」

そんな経験があるからでしょうか。
脱サラした方からの確定申告料は、開業以来一度も取ったことありません。
ガンバレ!確定申告!!


ガンバレ!確定申告!!その14
2009.02.03

無料相談」のお話が出たので、面白いのでもう少し続けましょうか。
なかなか「こんなこと」税理士として申し上げられないのです!?

個人的なお話として、私はこの無料相談が大好きですね。
3月の期限ギリギリの猛烈に忙しいときも結構好きです。
いかに早く相談件数をこなせるか。まさに税理士としての
腕の見せ所なのですね。

実際にはこの「奉仕」を嫌がる税理士も多いのです。
本当は所得税は得意でない先生も多しいし、
(内緒ですが、確かに所得税を勉強しないでなった方も多い)
役所のお手伝いだから、それほど日当は出ないし(これも内緒)、
とにかく忙しい思いをするだけですから。

でも開業当初から、この無料相談を結構やりましたね。
開業したての貧乏な税理士が「日銭を稼ぐ」意味も正直あったのですが
とにかくこの「緊張感」が好きでした。
初見の方」の申告書を書き上げる。
税理士としての喜びというのでしょうか。
与えられた制限時間の中で悩んでいる方の相談に乗って、
その悩みに的確に答えてあげられるかどうか。
まさに税理士としての経験を積み重ねる上でも
大事なことなのでしょう。

お医者さんのたとえで言うとおかしいのかもしれませんが
立派な医者になるには、とにかく臨床を重ねることだと・・。
オペの数で医者のランクを付けるみたいな・・。

この10年あまりで、無料相談は1000人とは言わないですが
数百人はやったでしょうか。
一日で20件以上もの申告書を書き上げたこともあります。
(これは多分ギネスものです。)
相手を見ながら、
「どこに悩んでいるだろう。どうアドバイスしよう。
どこを聞けば申告書が早くできるだろう。」
そう考えながらやります。
すばやく処理してあげるには、当然ですが所得控除の計算式や
税額の計算式などは頭の中に入れておきます。
でもそれだけででなく、数百人も無料相談をやったせいでしょうか。
相談者を見ただけである程度、その後の段取りまで
想像できるようになりました。

本当にベテランのお医者さんになれば、患者さんに会った瞬間に
「この人はどこが悪いのか。」
聴診器当てなくて分かってしまうそうです。

私も本当に、もうあった瞬間に、この方はどんな職業で
どんな所得か。税額!?まで分かります!(本当?)

黙って座ればピタリと当たる!?



ガンバレ!確定申告!!その13
2009.02.02

さあ!いよいよ2月です。確定申告までもう少しです!!
先日から申し上げている「超簡単経理術」は
これから開業する人のために一生懸命書き出したところです。
「そんな冷たいこと言わないで、今年の確定申告はどうするの?」
と悩んでいる方から文句言われてしまいそうですね。

そんなお悩みの方に、ちょっと簡単経理術のお話を続ける前に
面白いことを今日はお教えしましょう。
実践!超簡単"確定申告術"です。
ただし、私から聞いたといわないで下さい・・・・?(内密に)

実は昨日確定申告の「無料相談」の手伝いをしました。
この頃になると税理士は税理士会を通じて、地元の税務署や青色申告会に
借り出されます。
いわゆる医者が「休日診療」の割り当てが来るように、税理士も当番で
割り当てがきます。
例年、私は真先に手を上げ、2月早々からにしてもらっています。
3月になると、相談会場は大混雑になることをご存知でしょうか。
しかし、これも正直に言いますが、その大混雑がイヤだからではなく、
この時期に「確定申告モード」に入るために、予習をしておこうという
前向きな理由からなのです。
当番の前日までに必死になって税制改正の内容を押えておきます。
結構それは税理士としても重要なのですね。
何故かと言うと税理士は一年中、個人の確定申告の税金だけを
考えている訳でもないのです。
税理士も人間ですから忘れることもあるからなのです。

例年のことですが、2月早々は相談会場も込むことなく、
結構じっくり相談に乗ってあげれます。
青色申告会では申告書を書き上げるサービスまでしてあげています。
(これ内緒かな)
でも手書きで申告書を書いておく練習も、
実は税理士としても必要なのですね。
普段はパソコンで計算していますので、今のうち基礎の確認ですね。
いわば、プロ野球選手の開幕前のキャンプ・インといったところでしょうか。

だからこそ申し上げたいのです。
本当に確定申告に困っている方は、今のうち、本当に空いているうちに
相談会場に行かれたらどうでしょうか。
私のように「前向きに」「向学心に燃えている」税理士に必ず当たります。
もちろん無料相談ですから、タダです。

でも、ここぞとばかりに聞きまくる猛者も結構いらっしゃいます。
3月すぎなんかに、じっくり相談になんか乗っていられません。
(これ本音です)
この不景気に確定申告を乗り切る"超簡単確定申告術"
こっそりお教えしておきましょう。
(すいませんが、くれぐれも内密に・・・)


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!