税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

夢をかなえるゼイ! 脱サラ編 その8

2009.03.16

昭和59年4月1日。
自分の今までの人生の中で一番長かった日です。

社会人になっての初日に生まれて初めての「飛び込み外交
ほんとうに無我夢中でした。
でもやはり社会からの厳しい洗礼を受けました・・・。
「結構です!」
「もう来るな!」
「うるさいからいい!」
まあその程度のお話はまだまだ序の口なのでしょう。
その後営業でいろいろ経験したので思います。
でも生まれたての新人にはキツカッタ・・・。
暗くなるまで必死になって一件、一件回りました・・・。
なかなか話すら聞いてもらえません・・・。

でもその日は4月とはいえ、本当に寒い日でした。
群馬というと「からっ風」が有名ですが、その風も本当にコタエマシタ・・・。
新調した三つ揃えのスーツでも刺すような寒さを感じました。
しかも、足を棒にして回ったけどなかなか名刺すらもらえません・・・。
世間の厳しい風あたりにも余計寒く感じられました。

でも、日も落ちてこれで最後かなと思いつつ、ある町工場に入ったとき、
「寒いのに大変だね~。ストーブにでも当たっていきなよ~。」
その暖かい言葉忘れません。
出してくれたお茶も本当にうれしかった。
何を話したがまったく覚えていませんが、
「群馬にもいい人いるのだな~」しみじみ思いました。
おまけに、説明がまったくでず、パンフレットだけ渡した
中期国債ファンド」を翌日わざわざ店頭まで来て
大金で購入していただきました。
自慢ではないですが、野村證券同期中で「初注文」でした・・。

その後「飛び込み外交」を中心に数年やりましたが
これこそ営業の基本なんですね。
つらいこともありましたが、それはそれでよい経験をしたと
本当に思っています。

当事務所も駅前なので、4月にはいると「新人君」が
大挙して押しかけてきます。
「私コチラの地区担当の・・・」

「おうおう。また今年も来たか・・・」懐かしくなります。でも
「結構です!」ワザと冷たくあしらって反応を見ます。
あっさり引き下がられると結構がっかりしてしまうことすらあります。

「ダメだよ。足を扉に挟むくらい・・身を挺して扉を閉められないように・・・」
なんて実は心の中では思っています。
これも毎年の4月の楽しみでもあります・・・。



ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ