税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

ブログ開設1周年 その4

2009.07.16

なぜかまだランキング1位をキープしています。
うれしいものですね。
でも調子に乗っていないで反省を続けます。

今まで
「ブログというのは書き手の自由に書いていいものだ」
そう思っていたのですが、やはりまだまだブログというのが
分かっていなかったようです。

私の性格上、どうもハッキリ書きたがる傾向があります・・。
それがどうもまずかったようです。
また「ウェブはバカと暇人」からの引用なのですが
ネットで叩かれる(俗にいう炎上する)ブログは
「 × × すべし」というような書き方のものだそうです。

ネットユーザーの大多数は、誰かの主張を聞きたいのではなく
自分の「心地良い空間」を見つけるため、
さまざまな場所をクリックしているのだそうです。
自分の意見と違うものがあれば不快になるか、場合によっては
クレームの対象になるそうです。

これも、なるほどと思いました。
これは書籍の出版とはハッキリ違う点だということなのですね。
まさに、ネット特有のものです。
だからあまりにハッキリ主張を書くとクレームになってしまうのですね。
例えば「政治の話題」なんか偉そうに書けないという事なのでしょうね。
ネットユーザーは様々な主義主張、意見を持っているからですね。

だから世に言う人気ブログというのは、
「どこそこへ行ってきました・・・」
「・・・を食べてきました」
という私に言わせれば「甘ったるい」ブログなのでしょうか・・・。

それとこれも反省することです。
ネットで叩かれるケースとして
「がんばっている人をおちょくる。特定個人をバカにする」
ということだそうです。
自分でもブログやっていて固有名詞をあげる際に
この点結構気を使っていたつもりだったのですが、
あるブログで不快な思いをさせたようで、
クレームメールもいただきました。
これは反省しております。

また特定の飲料を取り上げて「美味しくない」と書いたことがありましたが
こういうネガティブ発言もよくないのですね。

いろいろ反省はしておりますが、
でも反感を買わないで言いたいことをハッキリ書くというのも
ブログの醍醐味でもあります・・・。
(まだ懲りないか・・・)


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ