税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

とことんやれば必ずできる(原田永幸) その3

2010.06.10

マクドナルドもアップルもアメリカ国籍のインターナショナル企業ですね。
その意味で両社は同じだと見るグローバルな考え方は
原田社長から学ぶことができます。

では経営的には、ハンバーガーを売ることとコンピュータを売ること、
これはどう違うと見ているのだろう?
誰でも思うことですね。


この社長は
「経営とは、顧客満足を高める→売上を伸ばす→利益額を上げる
→新たな顧客満足創造のために利益を再投資する」
この繰り返しだという。
その意味でハンバーガーとコンピュータを売ることは同じだと。

少し難しいですかね。
もっと分かりやすく言えば
「コンピュータは、以前はハードの性能が利益につながった・・・
でもその後価格競争を経てそれだけでは勝てなくなった。
いかに新しいデジタルライフを提案するか、
つまり新しいニーズを掘り起こすことが争点になっている・・・」

一方ハンバーガーも同じですね。
「新しい外食産業としてマックは市場をリードしてきた。
60円マックといわれるように価格競争も自ら仕掛けてきた・・・。
今後は新しい価値の創造をしていかなければならない・・・。」


例えば、つい最近「1000円バーガー」と言うのが流行りましたね。
でも原田社長はそれを真似しなかった。

社長いわく、
「変化に対応しようという発想はダメ。
変化は自ら創り出すことが大事」
だそうです。

マクドナルドというプライスバリューを保ちつつ、
お客さんに驚きを与えるプランを考え、
「変化を創り出す」方向で戦略を練る・・・。

なるほど!
ここでもドラッガー理論です。
現代経営学の「最先端理論」なのでしょう。
お分かりですね。
「イノベーション!!」


ブログトップページ

最近の記事
カレンダー
カテゴリ
税理士紹介ビスカス
コメント
アーカイブ