税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

ついにフルマラソンエントリー!
2010.10.29

新しい人生の扉を開けた記念に、新しいことにチェレンジする
ことにしました。
ついに念願だったフルマラソンにエントリーしてみました。
まだ3ヵ月後の1月末です。
どこのマラソンかは内緒ですが、そのうち公表します。

マラソン仲間が増え、ブログで偉そうにマラソンのうんちくを
語っていることに
「フルマラソンを走ったことないくせに・・・」
「ハーフや10キロなんてマラソンではないよ・・・」
結構言われていたのですね。
自分自身も、東京マラソンの抽選に外れたことで
「当たっていたらチャレンジしていたのに」
と何だか言い訳がましかったですね。

42.195キロを走り終えた自分がどうなるかを
確かめてみたくなりました。
もちろん、完走を目指すだけでなくそれなりのタイムで
走ることも目標とします。(タイムもそのうち・・・)
それに向けて練習もしてみようと思います。
マラソン仲間から
「月間200キロは走らなければ・・・」
「LSDをやって・・・」
と指導を受けています。
月間200キロ走るというのは結構大変なのですね。
毎朝3キロは走っているので、30日で90キロ。
それにあと110キロ必要です。
ハーフマラソンを月2回走ってもまだ70キロ足りない。
やはり土日に少し走りこまなければならないのですね。

LSDとはLong Slow Distanceの略です。
長距離をゆっくり走る訓練です。
例えば20キロを3時間くらいかけてゆっくり走る訓練ですね。

こういう訓練をしていないからハーフマラソンでもきついのだと
自分では自覚しています。
つまり長時間身体を動かす訓練していないからダメなのですね。

どこをどうやって走ろうか?
皇居にしようか?善福寺川かな?とか、そんなことを考えるのも
楽しいですね。

新しい自分がスタートした気がしています・・・。


おかげさまで〇〇歳!
2010.10.28

誕生日がうれしい歳でもなくなってからだいぶ経ちますが
今週でついに大台に乗りました!
「今日が誕生日です!」
なんて恥ずかしいブログは書きたくなかったので
数日経ってからアップしています。
別にお祝いして欲しいからという意味でなく
少し意気込みを発表したいと思います。

因みに大台といっても30台ではありません!?
ホームページで誕生年まで正直にアップしていますので
ご確認ください。

開業した頃は「若さで売ろうと」結構頑張ったものです。
忘れもしませんが、電話帳広告でのキャッチコピーが
「37歳!元気です!若いあなたを応援します!」
自分が若いから、若い経営者の方がウマが合うだろうと
思っていたのですね。

でも最近思うのですが、この税理士という職業は
それなりに年輪が必要なのだと感じるようになりました。

もし自分が重い病気にかかって、大手術をしようとしたら
若い医者に診てもらいたいと思うでしょうか?
大学病院のインターンの先生にはお願いしないですよね。
経験豊富な先生の方が安心しますからね。

開業した頃、大先輩から
「50、60ハナタレ小僧!の業界だから30代なんて
まだまだ・・・」
そういわれたことがあります。
「税理士では50歳や60歳なんてまだまだ未熟だよ。」
と言うことなのでしょうか。
「経験がものをいう業界なのだ!」
そういいたかったのでしょうね。忘れられないフレーズです。

ところで税理士の平均年齢はご存知でしょうか。
数年前に日税連が実施した「税理士実態調査報告」というのがあるのですね。
30歳代は10.4%
40歳代は15.6%
50歳代は19.3%
なんですね。ということは5割以上が60歳以上ということなのです。
70歳代はなんと29.1%でもっとも多い年代層なのです。
想像ですが平均年齢は70歳に限りなく近い。
しかもこれは7年前のデータですから・・・。

私なんてまだまだ「ハナタレ小僧」なんですかね。
でもこれからの10年はもっとも仕事ができる年代、
仕事盛りの年代なのだと自分では思っています。


最後に、竹内まりやの「人生の扉」という名曲をご存知ですか?

春がまた~♪来るたびに~♪ ひとつ年を重ね~♪
目に映る景色も~♪ 少しずつ~♪変わるよ~♪


新しい人生の扉を開けた気がしています・・・。


ついに皇居ランデビュー! その2
2010.10.27

私はただ走っているだけでないのですね。
走りながら真面目に「マラソンビジネス」を考えています。

本当に皇居を走っている人はたいへんな数です。
平日の夜でもこれくらいですので土日ならもっとすごい。

確かに都心で5キロの距離を横断歩道という障害もなく走れるのは
ここしかないはずです。
しかもどんなに遅くなっても皇居ですので警備が厳重で安心。

やはり問題は、着替える場所の確保ですね。
昨日ご紹介したランナーズステーションはネットで見る限り
5箇所くらいあります。
あと着替えができる銭湯も2箇所。
ということは、圧倒的に少ないのですね。

きっとどこかの企業が考えているとは思いますが
ランニングの着替えができる「スーパー銭湯」!
これが皇居近辺にあればいいですね。
もしこれができたら間違いなく儲かりますよ。

場所的には神保町か麹町あたりでしょうか。
やはりアクセスは大事ですね。
1回の料金が500円くらいに押え、
巨大な更衣室とやはり広い湯船が欲しいですね。
これからの季節は走った後お風呂につかりたいですからね。
温泉だったらなおいいのですけどね。
そうなると1000円でもいい。

しかも健康をコンセプトに全館禁煙でノンアルコール。
ベジタリアン向けの食事もあるといいですね。
できれば会員制にしてコミュニティーの場を設ける。
毎日ランニング教室を開催し、
マラソンクラブも開催し、皆で大会に出場する。
団塊の世代向けに新たな社交場にする・・・。

どうしても一杯という向けに
となりにビアホールと居酒屋も併設する。

どうでしょうか。
どこか空室のビルでも買収してやったらうまくいくと
私は思いますが・・・。


ついに皇居ランデビュー!その1
2010.10.26

まだまだ続くマラソンネタ。
月末忙しいと言いながらすいません・・・。

前から走ってみたいと思っていた皇居をついに走ってみました。
実は高校時代バスケットのトレーニングで皇居は何度も走ったことが
あるので初めてではありません。
一人では正直恥ずかしかったのですが、友人から誘われたので
思い切って仕事帰りに行ってみました。

その友人達も実は初めてで、どこで着替えようか?と
悩んだのですが、今流行の「ランナーズステーション」を
利用してみました。

ランステ.JPG

有名な銭湯もあったのですが、ものすごい混雑らしいですね。
ロッカーとシャワーが数台ついているだけの設備ですが、
もう大盛況でした。
すぐロッカーは一杯になってしまって、なんとあとは脱衣かごだけです。
昔銭湯であったあの脱衣かごですよ。それでも1回700円は安いのか
高いのか・・。


着替えて、皇居まで走って5分くらい。軽いアップ。
竹橋の駅の交差点辺りからスタートです。
ランニングファンですごい人ですね。
あたりは薄暗いのですが、さすが皇居です。
警察官が厳重に警備しているので安心して走れます。
ゆっくりとした上り坂で、途中ちょっと細い歩道を走るのですが、
それを抜けると半蔵門。
そのあたりから急ににぎやかになります。

ここからが素晴らしいコースでした。
霞ヶ関、日比谷方面の官庁街が右に見え
遠くに東京駅の夜景が実にきれいです。
しかもゆっくりとした下り坂。
ここだけ走るだけで、何故皇居マラソンの人気があるのか
分かりますね。実に気持ちよいからです。
そのあと、桜田門をくぐるのですね。
広々としたコースを走りぬけると東京駅近辺の摩天楼。
煌々としたビル街。これも実にきれいです。
日本人がいかに勤勉か分かります。

友人達とマラソン話をしながら走り、まさに「ファン・ラン」
あまりに楽しんで走ったので1週目は32分。
2周目は頑張って29分。いい汗です。

終わってシャワーを浴びてから、居酒屋へ。
この一杯が至福の時。
どうでしょうか。楽しいですよ。皇居ラン。
ご一緒に走りませんか・・・。


毛呂山鎌北湖マラソン
2010.10.25

月末の決算と原稿執筆に追われ忙しい中、
また性懲りもなく走ってきました。
埼玉県の鎌北湖なんて初めて行きましたね。
でものどかな良い所で、参加賞は玉コンニャクでした。
家から車で1時間足らず。結構近いところですね。

毛呂山マラソン.JPG

写真は、マスコットのもろ丸君。
大人気で一緒に写真撮るチャンスが残念ながらなかった。
距離は10キロながら結構タフなコースだとは聞いていましたが・・・。

シドニー五輪の日本代表川嶋伸次さんがゲストナンナー。
こういうマイナーな大会にもこういう方が出場しているとうれしいですね。

最近は少しは走っているので10キロくらい、と軽い気持ちで
スタートから飛ばします。
1キロのラップが楽々5分。
これは飛ばしすぎかと思ったとたん、山岳コースの厳しい上り坂が始まります。
山岳コースの「洗礼」を受けてしまいました。

これは本当に参りましたね。
2キロ、3キロとまだまだ続きます。
「まだ終わらないの~」ともうすでにヘロヘロ。
走っているても歩いているのと変わらない速さ。
回りの人はそれでも結構速い速い。
ぐんぐん抜かれました。
東洋大の柏原選手の偉大さがよく分かりましたが、
しかし本当にキツイ。これが5キロ折り返しまで延々続きます。

この折り返し時点でもう30分もゆうに越して
この時点でタイムはあきらめました。

でもそのあとの下りが楽しかった。
結構速く走れるものですね。
6キロから7キロのラップが4分25秒。
これは自己ベストの「区間記録更新」!?でした。
「山下りのスペシャリスト」として箱根駅伝に出ましょうか!?

そのあとも回りの景色も楽しみながら快調に飛ばしましたね。
すべてキロ5分台。
自信はつきましたが、前半のヘロヘロが聞いて結局・・・。
悔しいのでタイムは公表しません。
順位だけ年代別123位。
何人中かも悔しいので・・・。

来年絶対リベンジします。
でも終わった後のサービスのトン汁がうまかった。
本当に素朴なよい大会でした。


番組宣伝
2010.10.22

今確定申告の本の執筆の大詰めです。
結構忙しいです。
なんと11月に2冊同時発刊!に向けてもう寝る間もなく
週末もテニスも、囲碁もする暇もなく書いています。

仕事も決算に追われる月末だし、また内緒ですが税務調査は
あるし大変です・・・。

一方で
「iPadでできる超簡単経理」
なんて書いたら売れるだろうな・・・。
と思いながら書いています。

確定申告の「かの字」も知らない人に教える本にしようと
思って書いています。

でもこのiPadがまた別の意味でいろいろ教えてくれます。
iPadのおかげでまったく分からない人の気持ちが
今よく分かるからです。
iPadを触りながら、どうしてこんなこと教えてくれないのか。
そう思う毎日です。

例えばあるソフトが使いこなせないので、友人に聞きました。

「使用条件に『iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要』
と書いてあるので、iOSのバージョンの確認して
3.2以前であれば更新をしたらいいのではないか。」

と言われたのですね。正直彼の言っている意味が
まったく分からなかった。
iPadにまずバージョンがあることや
「iOS」というOSの単語さえも知らなかった・・。

「これで分からないのか・・・」
納得しました。
専門家の誤まりやすいところです。
こちらは当然知っていると思っていても
相手はまったく分かっていないのです。

仕訳の「しの字」も知らない人が入力できる本を
書こうとしても、そんな人は「勘定科目」という単語の意味さえ
も知らないのですね。
知らない単語がでてくると全部の文節の
意味すら分からなくなってきますね。
「目線をさげて」何が分からないかを想像しながら
書こうと心がけています。

それで「勘定科目の逆引き辞典」を巻末に付けよう!
そう思いついたのですね。
そんな本があったら面白いと結構真面目に考えています。


つまり分からないことに手が届く本です。
「あなたの分からんと所はここでしょ」
そんな本にしたいなと。

これは売れますよ。
11月下旬から日本全国の本屋さんで「平積み」で出版されます。
すいません。今日は「番宣」(バンセン)でした・・・。


iPad難民
2010.10.21

iPadネタをやるとアクセスが増えるみたいです。
ブログやりながら世の中の動向を見ているのですね。
まあそれだけiPadに世間の注目が集まっているということでしょうか。

同業の税理士にiPadについて何人か聞いてみました。
結構持っている方も多いのですね。
「どうですか?」
って聞いてみると、
「買った時はもの珍しさで触ったけど重いので・・・」
「どうも使い方が・・・・」
とかあまり使っていない人も多いですね。

オフコンメーカーの最大手のグループが数千台購入して
会員に無償配布しているそうですね。
その会員の先生に聞いても
「一応持っているけど・・・」
という具合。

「マニュアル本を5冊も買った・・・。」
そういう先生もいました。

やはり皆さん苦戦しているようです。
どうしてでしょうか。
前アップしたように取扱説明書がないのですね。
それで、悔しいけどアップル社の取扱説明書のような本も
買いまたし、マニュアル本も買ってみました。
それなら「最初から付いていれば・・・」
と思ったくらいですね。

しかし取扱説明書付かないのは最近の「エコブーム」や「デフレ」の
影響でしょうね。
先日購入したコピーFAXも付いていなかった。
HPからPDFでダウンロードという実に不親切なサービスでした。

しかし、毎年購入する会計ソフトの取扱説明書は
毎年「電話帳」みたいなものを何冊も送りつけてくるので
あれには正直閉口しています。
あれこそPDFかもしれませんが。

単なるパソコンではない新しい情報端末だと十分理解できました。
でもそのソフトを使いこなして始めてそれが生きると思うのです。
使いこなせなければ意味がありません。
すべてのiPadソフトに取扱説明書を付けろとは言いませんけど
せっかくの購入した高価な機械なので何とかして欲しいですね。
そこにまたビジネスチャンスはあると「難民の一人」としては
思っています・・・。



電子申告と登記の電子申請
2010.10.20

国税庁の電子申告はだんだん普及しつつあるようですね。
税理士会の集まりがあると、かならず当局の方々が来られて
「ご協力のお願い」ばかり。
個人的にはすべての会計ソフトや税務ソフトの対応さえできれば
あっという間に広がるとは思っています。

ところで登記の方の電子申請のお話です。
商売柄、登記の申請を行うことは多いです。
会社の設立登記や役員変更登記などの商業登記。
不動産の売買や相続登記などの不動産登記。

以前は登記そのものは結構得意だったのですね。
商業登記はほとんど自分でやっていました。
登記所がコンピュータ化される前からやっていますから
申請書の書き方までかなり詳しかったつもりです。

しかし、数年前の商法改正やコンピュータ化の実施により、
すべて提携している司法書士の先生にお願いすることにしました。
その方が間違いないし、専門の司法書士に安くやってもらった
方がお客さんのメリットにもなるとさえ思ったからです。
また役員の改選時期まで一括管理してもらったり、
また相続事案なんかあると一緒に対応できるので
遺産分割協議にも立ち会ってもらったりと
いいこと尽くめなのですね。

税金の電子申告はコンピュータで国税庁に
データ送信ですね。
その司法書士の先生から聞いたお話なのですが
でも登記の電子申請は当然あるそうなのですが
議事録など添付書類はやはり郵送なのだそうです。
なんか変だと思いませんか。
添付書類の議事録なんてデータでは送れないのでしょうか。
だいたい中小企業の疑義録なんて、実際の話として
議事なんかするはずないのですね。建前だけの書類上のお話です。
それでもPDFくらいでもいいのではないかとも思いますけどね。

もっといえば
「登記受付センター」を法務省内に一つ作れば
全国の登記所はどうなるのでしょうか。
こういうこと言うと怒られるかもしれませんが、
全国の会社の登記情報や土地家屋の登記情報は
いまやコンピュータ上でほとんど見れます。
ということは技術的には「登記受付センター」で
日本中の登記の入力作業をやれば可能なはずですよね。
将来的に法務局の存在意義が変わる可能性も
あるということではないでしょうか。

法務局行くと、「電子申請を反対している」ポスターを
見たことないでしょうか。
そこで働いている人にとっては死活問題なのでしょうね。

いつか「事業仕訳」の対象にはならないのでしょうか・・・。
あまりこんなこと書くと怒られますかね。

「電子申告がもっと進めば日本全国の税務署もいらない」
ということまでは間違っても言っていません・・・。


iPad苦戦しています・・・
2010.10.19

先日購入したiPadなかなか手ごわいです。
まずメールはすぐマスターしたんですけどね。
何のことはないです。
PCのメールを転送しておけばどこでも見れますから。
画面が本当に見やすいのが実にありがたいですね。
それと意外に添付ファイルもきれいに見られます。
これが一番ありがたいですね。
どこでもメールチェックで即返信。
できるビジネスマンみたいですね。

あとはどこでもネット環境ということで、お気に入りの
サイトを好きなこと時にどこでもチェックしています。

しかし、それ以外もう一つですね。
いろいろダウンロードしてみたのですが、もう一つ
使い方がよく分からない。
せっかくのiPadなので、
「今iPadからブログ書いています・・・」
なんてカッコイイかと思って、ソフトダウンロードしても
なぜかうまくいかない。
普通のソフトならサポートがあって文句?いえるのだけど
こういう安いサイトはどこに聞くのかさえ分からない。
実に不親切なサイトがあるだけ・・・。

あれこれソフト触っていますが、どうも納得がいかないのは
やはりWiFi環境でなければ、どうもサクサクいかないこと。
そのためにWiFiポケットを買うのはいかにも
ソフトバンクの戦略にハマッタ気がしています・・・。

ということで今毎日のように
スターバックスに通っています。
あそこはWiFi環境なのでサクサク動きます。

おかげでスターバックスのカード買って常連です。
今後のビジネスはどこでもWiFi環境が必要か。

でもやはりこれもソフトバンクの戦略にハマッて
しまったのかな・・・。


残念!クルム伊達公子選手!
2010.10.18

実に惜しかったですね。
テニスのHPジャパンオープン!

伊達公子.jpg

決勝までいった40歳のクルム伊達公子選手が
7-7、7-6、1-6で負けてしまいましたね。

相手は世界ランクでは下回る相手だったので
これはひょっとしてと・・・期待していたのですが
実に惜しかったですね。

2セット目で7-6というのがポイントだったのです。
テニスでは6-6と同点となると「タイブレーク」というのが
あるのですね。
試合の天王山まさにポイントゲームです。
それを制して勝ったのですから、勢いに乗って
第3ゲームも・・・という感じだったのですが・・・。

さすがに連戦で疲れたのでしょう。
7連戦をしかも、ハードコートで戦い抜いたのは
脱帽ですね。
テニスではクレーコートの上での戦いは比較的楽ですけど
ハードコートはいわばコンクリートの上なのですね。
試合が終わるとかなり足にきます。
実は税理士会のテニス大会だと必ずハードコートなのですね。
これは結構きついですよ。
私のような素人でも1日やっただけで足ガクガクですから
7日間もではキツカッタのでしょうね。

それも膝に持病をかかえてかなり無理したのでしょうね。
しかも決勝まで来るまでに世界ランク8位と13位を
破ったのですからすごいですね。

間違いなく世界ランク50位以内になるそうです。
しかし、他の若い日本選手はどうなっているのでしょうか。
若手選手も伊達選手のようにもっと頑張って欲しいですね。

しかし伊達選手のあきらめない気持ち。
本当に刺激になりますね。
ガンバ。


コピー・FAX、プリンター・スキャナーを一新! その2
2010.10.15

大好評のコピー・FAXシリーズ第2段!

よくある質問です。
「コピー機は買った方がいいのですか?リースにした方がいいのですか?」
今まで何度も聞かれたお話です。

十年も前はコピー機は確かに高価でした。
100万円以上もして、資金的にどうしてもリースとせざるを得ない
ということが多かったと思います。
でもリースだと当然金利分が上乗せさせられるのですね。
結構高い利率になります。
それでご質問の答えとして、「資金の余裕があれば買った方が
当然有利です。」とか
「安い金利で借入ができるなら、融資を受けて購入した方が
良いですね。」とお答えしていました。

でもこの10年でコピー機はずいぶん安くなったのですね。
これはメーカーの戦略だとも思います。
プリンターもずいぶん安くなりましたからね。
カラープリンターだと1万円くらいで十分性能の良いものが
買えます。
でもお使いになる方はお分かりでしょうけど、
トナー代がかなり高いのですね。
結局メーカーは購入価格を安くしてトナーで儲ける戦略なのです。
コピー機も同じ戦略をとっているのでしょうね。
カウンター料金でしっかりコピーやプリンター料金も取られますし
カラーコピーなんてとんでもなく高い。
まあ仕方がないことなのでしょうけど・・・。

あと面白いお話として、昔と比べ、コピー・FAXの中古が
ずいぶん出回るようになりました。
10年くらい前からこの中古屋さんを回って探していました。
都内の中古屋は大方見て回りましたね。
昔は少なかったのですけど、この手のお店が増えました。
どんな会社もそうですが、起業開業して事務所構えると
必ずコピーFAXは必要ですからね。
情報仕入れてよくお客さんにも紹介したこともありました。

どうしたら有利か、どうしたら安く上がるか
結構考えてアドバイスしてきたものです。

でも今回は思ったのですが、中古も安くなりましたが
技術の進歩はもっとすごいですね。
「安い新品」を買うことも選択肢としてお勧めしましょう。


起業開業評論家兼コピーFAXアドバイザー


残念!東京マラソン落選!
2010.10.14

当選メールが遅いのでなんとなく予想していました。
残念な結果となりました。

=====================================================================

   ◇◇ 東京マラソン2011 抽選結果(落選)のお知らせ ◇◇

=====================================================================
ヨシダ ノブヤス 様
受付番号:1000146093


昨日の時点で「当選しましたブログ」をちらほら見ましたので
「多分落選者は翌日まとめてメールされるのかな」
とは覚悟は決めていました。

昨年はノリで応募して落選しましたが、今度は準備万端で
本当に「走る気マンマンで」申し込んでいたのですね。
その意味で大変残念だったのですが、マラソンを始めてみると
もっといいレースがたくさんあることも知りました。
「普段見慣れている東京をざわざわ走らなくても・・・」
とか
「マラソンのあとの温泉やその地の美味しいものを食べるのも
またマラソンの楽しみなのだ・・・」
と少しマラソンのうんちく(負け惜しみ?)を言えるように
なりましたね。

よく批判されるのが、「マラソンを一回も走ったことがない人が
ファッションで申し込んで、せっかく当選しても何も練習しないで走って、
当日芸能人を見ただけで満足して歩いている・・・」
そんな方々が申し込むから9倍にもなるのではないでしょうね。

またこれもよく言われるのが東京マラソンの外れた人数が
年間のその他のフルマラソンの完走者より多いのも
事実らしいですし、
東京マラソン以外でも、
「連続10回走っていたマラソンレースが初日で一杯になって
エントリーできなかった・・・」
この異常なマラソンブームにブーイングする愛好家の人も多いのですね。

まあそんなに目くじら立てないでもとも思います。
マラソンレースは増えているのですから。
それとフルマラソンを走りきるのは本当に大変なのです。
準備もしないで走って、7時間もかかって「歩いて」ゴールしても
本当の意味でマラソンの楽しさは分からないのではないでしょうか。


私も外れたのは残念でしたけど、どこか他のマラソンで
フルマラソンを走ってみようかと本気で今考えております。

これも以前ブログでアップしたネタですけど、
東京近郊の町興ししたいところはぜひ2月にマラソンを
もっと企画して欲しいですね。

個人的には「厚木シロコロマラソン」とかB級グルメと
タイアップしたマラソン・・・それと温泉付き・・・。


本当にマラソンは東京だけでないのです・・・。
これをキカッケにマラソンの楽しさを知ってもらえばと
フルマラソンを走ったこともないビギナーランナーが
なんだかマラソンを極めた方のような言い訳・・・。


コピー・FAX、プリンター・スキャナーを一新!
2010.10.13

先週コピー、FAX、プリンター、スキャナーを
思い切って全部買い換えました。

今までコピーFAXが1台。プリンターモノクロ1台、カラープリンター1台、
スキャナー1台と全部ばらばらに持っていたのですね。
それがすべて1台に収まりました。
実にコンパクトになっただけでなく、
所内ネットワークも確立してこれは実に快適です。
今や簡単にスキャナーが使えるのですね。
すぐパソコンからPDFファイルを送ることが出来ます。
迷惑FAXも打ち出し不要でまさに「エコ」です。
もっと早く切り替えればよかったのですが、それぞれがまだ十分使えるので
正直もったいないと、だまし騙し使っていたのです。

本当に12年あまりこれらの機械をことあるたび毎に買い換えてきました。
コピーFAXも3代目。モノクロプリンターも3代目なのですね。
開業時からですから、それなりに思い出もあるのです。


ということで、コピーFAXをながめながらまた得意の昔話。

開業時に、パソコンとプリンターはもちろん買いました。
でも今から十数年前はそれだけでも結構高かったのですね。
全部で30万位したでしょうか。今なら安いもので10万円も
しないですからね。
開業当時はお金がなかったので、もうそれだけで目一杯。
FAXも家庭用の安いものを購入し電話と兼用。
ISDN回線を2本引いて・・・(古い!)

プリンターも大事に使いましたね。深夜突然印字が出なくなって
手を真っ黒にしながら泣きそうな思いで修理したこともありましたね・・・。
それも申告期限の前の日で・・・。


残念ながら、コピー機は当然買えませんでした。
12年前にはコピー機が新品だと100万円以上はしましたからね。

ですから、コピーが必要だと深夜コンビニに行ってコピーしていました。
何だか貧乏な税理士でしたね・・・。
し方がなかったのですが、今思えば良い思い出でしたけど。

今でも3月頃、コンビニの前を通ると思い出します。
コソコソ確定申告書をコピーしているかつての私のような貧乏な税理士が
いないかと探してしまうのですね。
そんな光景になかなかお目にかかったこともありませんが
もしそんな税理士を見つけたら、きっとガンバレと
肉まんでも買ってあげたいですね・・・。


(東京マラソンの当選メールまだ来ない・・・ダメか・・・)


健康ブームでシニア世代元気
2010.10.12

体育の日ですね。
運動していますか?
マスコミはシニア世代の元気な様子をしきりと伝えていましたね。
以前「マラソンと80兆円ビジネス」ということでこのブログでも
取り上げたことがあります。
この「80兆円ビジネス」という言葉も、先日アップした成毛さんが
指摘されていたことでした。
成毛さんいわく、「団塊の世代の大量の退職が世の中を動かす。
しかもその退職金の総額は80兆円。」と。

さすが先を読む目をお持ちですね。
成毛さんの言うとおり世の中が動きだしています。

スポーツブームを牽引する団塊の世代も、その退職金80兆円のおかげで
かなりの経済効果をもたらしているのでしょうか。

朝日新聞にも出ていましたが、スポーツジムが盛況らしいですね。
それも65歳以上の方々が熱心に運動しているそうです。
仕事一筋だった団塊の世代が、退職後スポーツジムに通うことによって
新しい人間関係を作っているということで、健康増進とともに
これはすばらしいことではないでしょうか。

かつて接待ゴルフをやっていた「昔の企業戦士」もゴルフ場に
また回帰しているそうですから、日本経済復興のために
団塊の世代の皆様の今後に期待したいですね。

よくこのブログで取り上げるマラソンについても、ご年配の愛好家の方が
本当に増えているように思います。
「シニア」とか「お年寄り」とかいうと怒られしまうくらい元気な方も
多いのです。
これもマラソン雑誌で知りましたが、70歳代でサブフォー
(フルマラソンで4時間を切る人)もたくさんいらっしゃるそうです。
これは驚きですね。
自分が70歳代になったときに果たしてフルマラソンを
走りきれるかどうかさえ自信がないですからね。


ところで、東京マラソンの抽選結果がそろそろ発表されますね。
なんと9.2倍!本日から合格通知がくるらしいです。
もう、税理士試験の結果発表の時くらい今緊張しています・・。

もう走る気マンマンで2月末にフルマラソンが走れるように、
実はもう先回りしてハーフマラソンを3つもエントリーしているのですね。
もう準備万端。当選したら絶対にフルマラソンを走り切りますよ。

団塊の世代の方々にはまだまだ負けられないですからね・・・。


成毛真さんの就活勝ち抜け方
2010.10.08

アエラ今週号に出ていた記事です。
成毛真さんの本を2度ほど取り上げたことがあります。
かつて個人的に注目している方ですから、その後動向を観察しています。
たまに成毛さんのブログを「おそるおそる」のぞくこともあります。
もう打ちのめされてしまうのですね。
本当にこの方のブログの足元にも及ばない・・そう思うのです。
彼の書評なんて読んだら、私も二度とブログで「偉そうに」
書けなくなりますね。
この方は以前ブログでご紹介したように、本当にビジネス本は読まない
のです。
私のように、「ありきたりの」ビジネス本のウンチクを
たれるようなことは絶対にやらないのですね。
私のツマラナイ書評を読むより、彼のブログを読むことを
お勧めしておきます・・・。


ところで天下のアエラも、ブログから記事にしているのですね。
そんな安易な記者魂(失礼!)に驚きますが、そんな時代なのですね。
まずこのブログをお読みください。(このブログ)
10万回もアクセスされたそうです。
まったく同じようなことがアエラに出ています。
内容は本当に参考になりますよね。


でもアエラ記事の中でこの最後部分は秀逸です。

「僕は大学生は大学院を除けば就職の予備校でいいと思う。
3年生になったら、大人と同じ話し方の訓練をして、
学部を問わず、3級レベルの簿記を教える。
ビジネスの世界に生きる人間にとっては、
簿記は必須の能力ですから。
あとはある程度の英語。
この三つを大学で身に付けさせれば、雇用はもっと増える。
就職率が上がって、日本経済も必ず上向きます。」


本当にいいこと言われる方です。
私も「日本経済のために」簿記を教えに大学にいきましょうかね・・・。


マザーハウスのブックカバー
2010.10.07

ずいぶん前のことですが、
マザーハウスの本のことを取り上げましたね。
このブログ
「裸でも生きる」というベストセラーで、著者の
山口絵理子さんの「こてこてのベンチャー苦労話。」
最貧国バングラディッシュでバック製造をするお話でした。

あの本を取り上げてから、「いつかこのマザーハウスでバックでも
買いたい。」
「バングラディッシュのためになにか・・・」
とは思っていたのですが
なかなか、野暮なおじさんにはバックなんて買うことなかったのです。

それが先日マザーハウスのネットショップでこのブックカバーを
買いました。

ブックカバー.jpg


正直5000円もするので、買うのをためらったくらいなのですが
山口さんを応援する気持ちと、バングラディッシュにも貢献できるのではないかと
「国際貢献の思いで」注文したのです。

これ今本当に愛用しています。
手触りもいいですし、革のいいにおいもします。
少し大きめなので、ビジネス書のたいていのものは
これで十分入ります。
それでお気に入りの本を入れて持ち歩いて読んでいます。
ほとんどがこのブログ用に買ったものですが・・・。

本を読む楽しみが増えますね。
まさに読書の秋です。
手にとって本を読む味わいというのでしょうか。

実は、先日ご紹介したiPadではまだ本を読んでいませんね。
昨日書いたように、iPadで碁を打つ時代がくるのかもしれませんが
読書がすべてiPadなど電子ブックリーダーに取って代わるかどうか
これは分かりませんね。

実際に印刷業界や出版業界は大変なことにもなっているようですし
新聞業界も同様らしいです。

この先どうなろうとも、私は当分このブックカバーで
秋の夜長を楽しみたいですね・・・。


全国税理士囲碁大会 その3
2010.10.06

なんだか自慢話?で終わってしまったので
真面目なお話もしておきましょう。

2日間大先輩の税理士といろいろ話ができて面白かったです。
囲碁をやる税理士はアナログな税理士が多いのですね。
メールなんて使ったことがない先生も多いのです。
最近の電子申告なんてまったく関係なさそうな大先生も。(内緒)


実は、囲碁人口は確かに高齢化していると思うし、囲碁の愛好家は
年々少なくなっているようです。
私も12年間、最年少をずっと継続しているのもさびしい限りです。
ヒカルの碁世代(漫画を読んで覚えた世代)が税理士になるのは
まだまだ先なのでしょうか。


実は大変さびしいお話を聞いたのですが、税理士の全国大会も
次回の10回記念大会あたりで終わりにしようということに
決定してしまったのです。
大会を運営する側も高齢化してしまって、もうどうにもならなく
なってしまったのがその理由のようです。
これは大変残念ですね。

一方で、パソコンでやるネット碁も流行り出しているのですから、
あと何年かしたら、囲碁の楽しみ方も変わってくるのでしょうか。

私なんかの世代でも、やはり碁盤を相対して打ちたい方ですけど
ネット碁で打つのが主流になる時代が来るのでしょうか。


ここで提案。
碁盤くらいの大きなiPadを開発してもらって
碁のソフトも同時に開発して欲しいですね。
そうなればタッチだけで、今までと同じように
しかもネットを通じて全国の方々と簡単に囲碁を打つことが
出来る・・・。

そうなれば全国大会なんて、すぐ簡単に出来るはずですね。
ゲームの世界では近い将来、通信を使った対戦型ゲームが
主流になるらしいですから、囲碁だってこれはできるでしょうね。

因みにその「碁盤型iPad」に電子申告のソフト(e-tax)も入っていれば
これまたアナログな税理士に向けて
電子申告の普及に飛躍的に役立つでしょうね。

私が日本棋院の理事長なら、その「碁盤型iPad」をすぐ開発するでしょうし
私が国税庁長官なら、その「碁盤型iPad」を全国の税理士に無償で
配布するでしょうね・・・。


ということで最後にサービス・ショット。
中島美絵子プロ二段との記念撮影です。

全国税理士囲碁大会 中島プロ.JPG


なんだか妙にうれしそうな顔ですね。
本当に楽しい全国大会でした・・・。

次回は絶対優勝します!



全国税理士囲碁大会 その2
2010.10.05

さあ!個人戦です。
昨日の団体戦のリベンジで燃えていました。

全国税理士囲碁大会 個人戦.JPG

エントリーは六段戦(Aクラス)です。
実はその上のクラス(名人クラス)もあるのですね。
もう全国レベルとなると、本当に強い人もいるのですね。
昔県大会の代表になったくらい強い税理士もいました。
もう本当に税理士業務をやっているの?と疑いたくなるような
「碁キチ」の先生も結構いるのですね。
(内緒ですが・・・)
残念ながら、東京税理士会の中でも私よりもっと強い先生が
いるので、六段戦に回ったのです。
それでこっそり優勝を狙っていたのです・・・。

1回戦。
埼玉県の先生と激突。
危なげなく初戦突破。
2回戦も札幌の先生を撃破。

こういう大会は勝ち上がっていると本当に楽しいのですね。
何といっても昼食がうまい。
3回戦名古屋の先生との対局。
押し気味に攻めながら、終盤で致命的なミス。
なかなか大会では勝ちきるのは難しいですね。
でも作ってみるとなんと「ジゴ」です。
ジゴとは同点ということなのですが、引き分けではなく
通常白番の方が勝つ決まりなのですね。
本当にあやうい勝利です。

こういうラッキーがあるとたいていは優勝するものなのですね。
いよいよ決勝戦。地元大宮の先生でした。
写真はその時のものです。
顔つきから見ると自信マンマンですね。
この碁も押し気味に進めながら、途中で勝ちを確信したのですが・・。
でも終わってみれば僅差の敗北。
これはショックでした。
残念ながら準優勝で終わってしまいました・・・。

本当に残念!
まあ日本全国の六段の税理士で中で2番目に強いということで・・・。


全国税理士囲碁大会 その1
2010.10.04

この週末、全国税理士囲碁大会がさいたま新都心で
2日間に渡って行われました。

全国税理士囲碁大会.JPG


写真はスナップ写真なのですが、真ん中の女性は、プロ棋士の
大沢奈留美四段と甲田明子三段です。
大会の審判ということと、また指導碁もあり
さらに美人プロ棋士で有名な中島美絵子プロも来られました。

写真でお分かりの通り、第9回も行われているのですね。
2年ごとに行われますから、もう18年も続けられています。
全国から囲碁愛好家である税理士の方々が多数参加しています。
聞いたところ、全国からこんなに多数の税理士が集まるような大会は
これしかないそうです。

私自身も登録開業した12年前にすぐ誘われて以来、
ずっと参加し続けております。
でも12年前、30代で参加して当時は「最年少」でした。
でもそれ以来ずっと私がまだ「最年少」なのですね。
ということは、当時60歳や70歳で参加された方々も
当然年齢が上がっているわけですから、年々参加者が少なくなっている
のもそんな理由なのでしょうか・・・。

でも大会実行委員(今回は関東信越税理士会)のご尽力でしょう。
なんと144名の税理士が埼玉県のさいたま新都心の会場に集合しました。
北は北海道、南は中国、四国の税理士の方々です。

何度もやっていると本当に顔なじみの方も多くて本当に楽しい会です。
囲碁は年齢が離れていても楽しめる競技ですから、
私と20歳や30歳!違っても、普通に一緒に楽しめるのですね。
夜は懇親会があって、遠方から来られた方々は当然宿泊されますから
もう深夜まで大宴会です。
囲碁をやっていた良かったと思える大会なのですね。


さて、大会の方は、初日団体戦が行われました。
団体戦は3人一組でチームを組みますが、なんと私はAクラスの
ノーハンデ戦(最強クラス)で出場しました。
緒戦は千葉県税理士会。これは勝ち上がったところ、
2回戦で東海税理士会に負けてしまいました。
敗者リーグに回ったものの、3回戦は東北税理士会に負け、
4回戦も北海道税理士会に負け、残念ながら入賞を果たすことは
出来ませんでした。
個人的には3勝1負で、まあまあの成績だったのですが
これはチーム戦の難しくも、また楽しいところです。


夜は「厳しい」反省会が待っていました。
でもこれもまた楽しみだったのです。
「あの手が・・・」とか
「ああすれば・・・」なんて
もう歳も関係ないのですね。
碁の話を中心に盛り上がります。

翌日の個人戦に影響しないように飲んだつもりだったのですが・・・。


飲食店が蘇る! その4
2010.10.01

焼肉店には一人では、なかなか食べにいかないですよね。
やはり家族でいったり、仲間と行ってワイワイ食べるのが
楽しいですよね。

店側としては、一度にたくさん来てくれる団体のお客さんは
大事なのですね。
どうしたら、団体のお客さんが来てくれるか?
そういう「仕掛け」が必要なのですね。
これは内緒ですが、まとまって何組も団体客を呼び込んでいました。
さすがです・・・。

あと、飲食店では売上が上がることと、利益が上がることは
まったく違うお話ですね。

この理論は、私の熱心なブログファンの方ならもうお分かりですね。
スズキ自動車の会長さんの大事な「売上と利益は違う」理論です。

二つのポケットで使い分ける理論でしたね。
これは
「日本一やさしい会計理論」だと思っています。
このブログ
これは最近私の講演会ネタになっています。
この講義用のエプロンも持っています・・・。


では飲食店ではどうやって、利益をあげていくか?
「やはり利益率の高いものを売っていくしかない」
そうなります。
これも、先日のテレビタックルでもやっていましたね。
安売り居酒屋の法則で、
ビールは一杯原価が150円、
焼酎は一杯原価が40円だそうです。

両方とも一杯500円で売ったとしたら
どちらを売ったらお店は儲かるか?
という初歩的な経営理論ですね。

でもどうしたら、「利益率の高いもの」を注文してもらえるか?
まさに知恵の勝負なんですね。

焼肉店では、焼酎以外に今流行の「ハイボール」を取り扱っていました。
これも内緒ですが、お店としてはかなり儲かるのです。
いろいろ仕組みがあるのですね。
本当に勉強になりました・・・・。

(美味しい焼肉屋シリーズ おしまい)


メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!