税理士コラム | 税理士紹介25年、税理士紹介のパイオニア「税理士紹介センタービスカス」

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

吉田信康税理士事務所ブログ

つくばマラソン その2
2011.11.30

東京マラソン当選で完全に舞い上がってしまいましたね。
各方面からお祝いのメールたくさんいただきました。
ありがとうございました。

さあ!3か月後の東京マラソンに向け、つくばマラソンの反省を
アップしてみましょう!

スタート前.JPG

本当に参加してよかったのですね。
自分の実力がよく分かりました。

8番目のGブロック、「屈辱の」スタートラインに立った時
ブロック先頭に「ペースメーカー」の方がいました。
つくばマラソンは、4時間、4時間30分、5時間のレベルに
合わせてペースメーカーが走るのですね。

レース前から4時間30分を目標にしてきた私としては
当然4時間30分のペーサーかと思ったら、なんと5時間のペーサーでした。

「あなたはまだまだ5時間のレベルですよ!」

ということなのでしょう。
号砲が鳴ってスタートしてから、Gブロックは本当のスタートラインを
越えるまで8分くらい経過しました。
さすがマンモス大会ですね。
スタートしてすぐ私は大胆な行動に出ました。
1キロくらい走ってから、その5時間のペーサーを一気に抜いたのです。

「今日の目標は4時間30分だ!」

初マラソンの館山若潮マラソンの時も5時間のペーサーを
途中5キロ過ぎあたりで振り切りました。
でも、もっと早く決断すればよかったという反省からなのですね。
4時間30分のペーサー目指してスタートです。
意気揚々。ここは楽しいですね。


つくばマラソンのコースは実に平坦です。
ほとんどアップダウンがなくて本当に走りやすい。
しかも中間の折り返しから、ずっと同じコースを戻るのです。
自分の位置が分かることでこれもいいですね。

最初の10キロ通過。
ラップが61分58秒。1キロ平均6分11秒。実にいいペース。

14キロ地点で早くも折り返してくるトップ集団とすれ違いました。
トップは27キロ!以上すでに走っているはずです。
「早っ!」
でもそのときは拍手して声援を送る余裕がまだまだありました。
力強いトップ集団を見ながら走るのも楽しいですね。
余計パワーもらった感じもしました・・・。

「これが本当のマラソンか・・・」

真のマラソンランナーを目の当たりにしたような驚きでした。
そのころはまだまだ元気で、二度目のフルマラソンを
心から楽しんでいました・・・。


東京マラソン当選!!
2011.11.29

=====================================================================

◇◇ 東京マラソン2012 平成24年2月26日(日)開催 ◇◇

=====================================================================

《追加抽選結果(当選)のお知らせ 》

---------------------------------------------------------------------
ヨシダ ノブヤス 様
受付番号:13001

すいません。つくばマラソンネタを中断して速報です!
まったく予想していなかったことが急に起きました!
まるで「まだ買っていない」年末ジャンボに当ったかのようですね。
このブログで何度も取り上げた東京マラソンでしたが
なんと「敗者復活」、「逆転満塁さよならホームラン」となりました!

東京マラソン公式クラブ「ONE TOKYO」のメンバーに
なったこともアップしましたが
そのプレミアム会員の「追加エントリー」に当選したのですね。
今まで「先行エントリー」でも落選し、「一般エントリー」でもまたまた落選!
実はまったくあきらめていたのです。


実は当選通知をもらって、正直これは「詐欺メール」ではないかと
思いました。
つまり
「当選したからすぐ入金してださい」
となっていたからなのですね。
参加手続きURLをクリックすると、カード番号を入れるサイトが出てくる・・。

「これはやはり新種のカード詐欺か?」

すいません。何度も疑ってしまいました。
3回くらい慎重に読んでから、「ONE TOKYO」とサイトやメールを
確認した上で入金申し込みをしました。

しかし、当選通知まじまじと何度も読み返しましたが、「替え玉受験」は
絶対できませんね。
「もしやったら参加料は没収です」とまで書いてありますから。
多分、親族や知人の名前を使ってまで不正に当選した人が、
大量にあきらめたのでしょうか・・・。
どうあれ、当選した以上頑張ります。

心から喜んでいたものの、以前ブログで取り上げた「被災児童日記」のことを
ふと思い出しました。こちら
小学生のお父さんが今年東京マラソンを完走し、
その12日後につなみで亡くなられた・・・。
この小学生が来年の東京マラソンをどんな気持ちで迎えるだろうと・・・。


本当にありがとうございました。
いろいろな事情で出たくても出られなかった人の分まで
がんばります!


つくばマラソン その1
2011.11.28

ついにこの日が来ました!
この日のために月間200キロも走りこんできたのですね。
やる気マンマンで「つくばエクスプレス」に乗り込みました。

つくばエクスプレス.JPG

実はつくばエクスプレスに乗ったのは初めてなのですね。
筑波大学はこの電車のおかげでずいぶん近くなったのですね。
秋葉原からわずか40分くらい。

当日は7時ちょうど発の臨時列車があったのですが、混むのを予想して
思いっきり早起きして、その2本前の6時31分初の電車に乗り込みました。
もうやる気十分ですね。

でも、それから数々の衝撃的な事実が待ち受けていました・・・・。
6時半ならガラガラだと思って乗り込んで電車はなんと超満員です。
ランナーで埋め尽くされています。
仕方がなくずっと立っていましたが、駅に着いてシャトルバスに乗り込もうとしたら
もうすでに長蛇の列です・・・。

「そんなバカな・・・」

バカだったのは私でした。
つくばマラソンは、タイムにこだわる「エリートランナー」には
必須の人気レースなのですね。

シャトルバスに乗り込んだらまったく雰囲気が違います。
皆見るからに「速そうな」ウエア着ています。
走りこんだ靴と、使い込んだウエア。
本当には速い人は最新の派手なウエアなんて着ていないものです・・・。

いつもなら楽しそうに談笑している「お楽しみの」走友会の人たち
なんかまったくいません・・・。
皆黙って今日のレースに備えているよう。

「今日は3時間30分を目指したいのですが、どんなペースにしたら」
そんな真面目な会話が耳に飛び込んできます。

いかにも「サブスリー」のようなベテランランナーから
「1キロ5分ではダメだよ。少し切るペースで・・・」

「これはマズイ・・大変なレースに参加してしまった・・・」
1キロ6分がやっとの亀ランナーとしては焦りました・・・。
会場につくとこれまた異様な雰囲気。
お楽しみででてきている仮装しているランナーなんかいません。


しかも、ここでも決定的な事実に遭遇します。
私も自己ベスト4時間52分なのですが、これを正直に書いてエントリーして
ありました。
スタート順がベストタイム順で9ブロックに区分けされていたのです。
なんと私は8番目のGブロック。

「制限時間6時間のレースのはずだけど・・・」
そうは思ったもののいつもの雰囲気とは明らかに違いました・・・。

そんな伝統ある「多少場違いな」つくばマラソン!
いよいよ生涯2度目のフルマラソン・チャレンジです・・・。


おいしいカーボ・ローディング
2011.11.25

フルマラソン直前には炭水化物をしっかり取っておくことが必要です。
これを「コーボ・ローディング」といいます。

つまり、42.195キロをしっかり走りぬくために、
体内にしっかりエネルギーを蓄えておく必要があるのですね。
それでここ数日せっせと炭水化物を取っています。
ごはん、うどん、パスタ・・・・。

水曜日にしっかり走りこんだ私としてはもう直前は走らないのですね。
今更は走っても疲労が蓄積されるだけなのです。
それで「食べる」練習をここでしっかりしております。
大量に炭水化物を摂取することで、医学的には体内に「グリーコーゲン」が
蓄えられるそうです。

DSC_0059.JPG

おいしそうなごはんでしょう!
これは白金にある「和食の名店」です。
白金の住宅街にあるひっそりとしたお店です。
それほど大きなお店ではないので、すいませんが教えません。
いつも一杯でなかなか予約が取れないくらいだからなのです。
ひっそりとした店構えなので、よく芸能人も「おしのびで」
来るそうです。

もうおいしいごはんならここですね。
しっかり炭水化物を取って準備万端です。
ついでに、しっかりアルコール?も補給しておきました。
これで体内に「グリコーゲン」と「ガソリン」!?の補給も
バッチリできました。
あとは本番を迎えるだけですね。


考えたら、あの大震災の直後の4月から
思い切って走り出しましたね。
「もっと頑張らなければ・・・」
そう無性に思い知らされたのがきっかけです。
それから月間200キロを本当に走ったのです。
ついに今月までで1500キロは越えました。

東京から気仙沼くらいまでで500キロですから、
1500キロあれば被災地を全部駆け巡った距離でしょうか・・。
こんなロートルな税理士からでも、日本に元気を届けましょう!

ガンバレ日本!
ガンバレ中小企業!!


つくばフルマラソン挑戦まで、ついにあと2日!


日本最速の芸能人
2011.11.24

今もっとも速い芸能人と走りました!!
タレントの「猫ひろし」さんがカンボジア国籍を取得して
マラソンでオリンピックを目指していますが、
実は芸能人で最も速い人がほかにいるのです。

DSC_0058.JPG


先日行われた大阪マラソンで驚異の「2時間37分05秒」を叩き出した!
漫才コンビ「げんき~ずの宇野けんたろう」さんですね。
ちなみに猫ひろしさんのベストは2時間37分43秒でしたが・・・。

写真で左側の細い人です。
すいません。多分ご存知ないでしょうね。
漫才コンビとしては、まだまだ「マイナー」ですから。

そのげんき~ずがスペシャルゲストのマラソンクリニックに
参加してきました。
フルマラソン直前の最後の「悪足掻き」ですが・・。

さすがに速かったですね。
キロ5分ペースで一緒に走ったのですが、ついていけなかった・・・・。
彼は流していたようでしたが・・・。
でも私のような「亀ランナー」を何度も振り返って応援してくれました。
毎日25キロから30キロ!月間600キロ走っているそうです。
芸人というより完全なアスリートですね。

私も以前アップしましたが、お笑い芸人好きで良く見るのですが
若手芸人の方々は売れるまで大変なのですね。

「大阪マラソンのあと中三日で湘南国際にゲストランナーで・・・」

と言っていましたが、さすが「天下のよしもと」ですね。
普通の選手なら絶対無理なお話です。

昨年のホノルルマラソンも日本人トップだったことと
今度また東京マラソンにゲストランナーで・・・
といっていましたが、何より

「マラソンをきっかけに仕事がいろいろ来るのでうれしい」

と正直に言っていました。
本当に頑張ってほしいですね。
ちなみにクリニック参加者相手に、サービスで漫才をやっていましたが、
マラソンは「サブスリー」だけど、
漫才は「サブフォー」くらいでした・・・(失礼!)

でも
「つくばマラソン頑張ってください」
固い握手をいただき感激しました。
もうこれだけで30分早く走れそうです。


つくばフルマラソン挑戦まであと3日!


消費税増税の節税対策 その9
2011.11.22

人材派遣業はこれから大変でしょうね。
この業界はリーマンショック後、かなり厳しい状況になっています。
それがこの消費税増税でさらに厳しいパンチを受けることになると
思うのです。

「中野スタッフサービス」(仮称)を例に挙げましたが、
リーマンショック前までは、メーカーから1億円の受注を受けて
派遣スタッフを総額8000万円のコストに抑えることで
2000万円もの利益を確保できたのです。

厳しい経営環境下で、発注元のメーカーから
「デフレでもうどうしようもない。9000万円に抑えられないか・・・」
そんな打診を受けたことで苦肉の策?として脱法行為を励行?
してきたのかもしれません。

これで消費税が10%になったらどうでしょう?
単純に倍の800万円の納税義務が生じてしまいます・・・。
消費税分をうまく添加できるかどうか・・・。
これだけで大変ですね。

一方で、一般事業会社の社会保険の加入義務が
現在かなりうるさくわれています。
昔は人材派遣会社では「社会保険はなし」ということが
当たり前のように横行していました。

現在「パート従業員まで社会保険に加入すべし」という
世の中の流れです。
また「交通費もなし」というところも多かったですね。
それも「交通費支給」という派遣会社も多く出ていている以上
追随していかなければならない状況です。
これでさらに消費税分が上乗せされたら・・・。

具体的に数字で見てみましょうか。
月額30万円の派遣スタッフがいたとします。
社会保険料が会社負担分約13%で3万9000円、交通費1万1000円とします。
ここで実際の会社負担額35万円と分かります。
会社の利益を2割=6万円乗せて派遣したとすると、合計41万円。
これに消費税10%です。45万円くらいになりますね。

会社側が普通に雇うとしたら35万円の実コストに比べ
派遣会社からの請求が10月万円も高い45万円もするのなら、
この厳しい経営環境下直接雇用を選択しないでしょうか。

人材派遣会社側は利益率を落として受注するか、
派遣スタッフの人件費を削るしかありませんね・・・。
派遣スタッフの待遇がますます悪くならないでしょう。
これはやはり大変です・・・。


今日の日経新聞にも掲載されていましたが
いよいよ消費税10%へカウントダウンです・・・。

※これ以上、「増税ネタ」をアップすると、アクセスは増えるのでが
マスコミの依頼(執筆ではない取材・・・)が殺到するのでこのへんで・・・。
続きはまたそのうち・・。


ねりま光が丘ロードレース
2011.11.21

練馬区光が丘。ご存知ですか。
中野から電車で20分もかからない距離。
こんな近場でハーフマラソンが30回も行われていたとは
知りませんでした。

ねりま光が丘.JPG

こういうローカルな手創り感のある大会は好きですね。
マラソンスタート前に、トイレの大行列や、荷物預り所の大混乱など
まったくありません。

コースは確かに狭いので、記録を狙うシリアスランナーには
ちょっと大変でしょうか。

私のようなお楽しみランナーには十分なレースでした。
過去のネット情報ではいろいろ不満点がアップされていましたが
私が見た感じではすべてクリアされていたようでしたね。
大会運営者が一生懸命努力されているのでしょう。


さて記録の方は・・・(また言いわけですが)
来週のフルマラソンに向けての調整ということで、
一キロ6分のラップをどこまで続けられるか試したかったのですね。
しかも余裕をもってハーフマラソンを終えるくらいでないと
当然ですがフルの距離は大変です・・・。

記録は2時間12分。
「得意の後半の失速」で一キロ6分は無理だったのですが、
そこそこペースは維持できました。
本番のフルマラソン4時間30分切に向け最終調整はできました・・・。


ところで光が丘公園はすばらしいですね。
過去一度花見に行ったことくらいしかなかったのですが
紅葉が結構きれいでした。

光が丘公園.JPG

広いのですね。日比谷公園の3倍の広さらしいです。
その中に野球場あり、サッカー場あり、テニスコートもたくさんあります。
ストリートバスケットやるところもあったりして・・・。
緑もきれいで、まるでニューヨークのセントラルパークのよう。
(すいません。行ったこともないのに知ったかぶり・・・)

ファミリーで住むには良いところのようです。
一度住んでみたかったですね・・・。


さあ!つくばフルマラソンチャレンジまであと6日!


消費税増税の節税対策 その8
2011.11.18

消費税を500万円も納税しなければならない中野スタッフサービスは
登録している派遣スタッフを新宿スタッフサービスと杉並スタッフサービスに
登録させ両社に合計8000万円で人材派遣を再度依頼したとします。
今度は消費税かかりますね。8000万円の5%の400万円です。

そうなると、500万円から400万円控除できて、
納税額はなんと100万円で済みます。

新宿スタッフサービスと杉並スタッフサービスにも
消費税の納税義務が発生しますが、資本金1000万円未満なら
設立して2年間は免税です。
結果的に400万円を納税しなくて済んだのですね。

しかも、この図によると派遣スタッフの登録を
新宿スタッフサービスと杉並スタッフサービスを交互に繰り返していたと
いうのです。
「2年間は新宿スタッフでそのあとは杉並スタッフでお願いします・・・」

こんな感じなのですね。
そうなると永遠に消費税を逃れられると・・・。


こんな「脱税スキーム」ですね。
でも人材派遣業に詳しい方ならすぐおかしいと気が付きますよね。

そもそも「二重派遣」なのですね。
数年前に社会問題にもなったのでご存知の方も多いでしょう。

こんないい加減な会社こそ罰せられて当然なのでしょう。
派遣スタッフに社会保険の加入どころか交通費さえ支払っていないかもしれません。

それと人材派遣業に詳しい方なら
「派遣業には資本金基準があって・・」
とすぐ分かりますね。
派遣業には「一般派遣」と「特定派遣」の二種類があって、
「一般派遣」なら資本金が1000万円未満では基本できないのですね。

そもそも派遣業の免許さえない会社かもしれません。
これは税法の問題というより、派遣スタッフの人権を守るために
労働者派遣法を改正し、強化すべき問題ではなかったのではないでしょうか。

なんとなくそんなことも議論されずに、この法案が通ってしまったように
思うのですね。
もちろん、キチンとやっている人材派遣会社も圧倒的に多いはずです。
本当に人材派遣業の皆様。国税庁長官になり代わりお詫びします・・・。


消費税増税の節税対策 その7
2011.11.17

「性悪説」なんて問題発言ですかね。
でも今後「悪いことしないように」懲らしめる改正なのですね。
性悪説とは「誰もがきっと悪いことをするハズだ!」と
いう考えですね。
でも失礼な見方ではないでしょうか。

消費税改正.jpg

昨年末に提出された「税制調査会」の資料です。
「その他の要望事項」の中の最後の方に付けられていた図です。

ちょっと見にくいですか。
この税制調査会の資料は誰でも今見られますし、
議事録までもすべてアップされていますので、ぜひそれでご確認ください。

でも議事録には、このことは書かれていないのですね。
外の資料を見る限り、
「最近消費税の不正還付が多い!もっと罰則を強化すべきだ!」
そんな論調なのですね。

その議論の過程の中で、
「最近、人材派遣業で消費税の不正還付が多い!」
そうなったのでしょうね。
「人材派遣業はきっと悪いことをするはずだから」という性悪説なのですね。

人材派遣業の皆様。申し訳ございません。
国税庁になりかわりお詫びします・・・。


しかし、この図よく見るとなかなか良く考えましたね。
税理士が「脱税の手段」に関心?してはいけないのですが、
詳しく解説してみましょうか。


あるメーカーが、人材派遣会社に人材の依頼をしたとします。
具体的に、派遣料1億円で「中野スタッフサービス」(仮称)に依頼したとします。
中野スタッフサービスは人材を集め人件費(社会保険料含み)8000万円を
支払うことになりました。ということは2000万円の儲けですね。

中野スタッフサービスはメーカーに請求しますね。
その際大事なのは、一億円の5%の消費税を乗せて1億500万円の請求を
するはずです。この消費税については「人材派遣料は課税」と
税法でバッチリ定められているのですね。
中野スタッフサービスは給料や社会保険料を支払いますが、お分かりの通り
給料や、社会保険料には消費税はかかりませんので、消費税はなしです。
ということは、もし中野スタッフサービスは、これだけの取引だけとすると
2000万円の利益(儲け)はいいとして、消費税500万円も支払うことに
なるのですね。
実際に、人材派遣会社の消費税の納税は本当に大変なのです。

そこで、「悪いことを考えた」中野フタッフサービスは、
資本金1000万円未満の
「新宿スタッフサービス」と「杉並スタッフサービス」(仮称)を
設立して、再度人材派遣を請け負わせることにしたのです・・・。


(良い子のみんなはマネしないように・・・)


消費税増税の節税対策 その6
2011.11.16

今回の消費税で「一番分かりにくいところ」をご説明してみましょう。
私自身も最初何度読んでも分からなかった・・・。
こんな改正は一般の方々に分かる訳ないと思うのは私だけでしょうか・・・?
知らないと絶対損する「抜け穴」のお話です・・・。

今回の改正をもう一度説明してみましょう。
今まで「判定期間は2年前」だけであったのが、さらに「1年前」が加えられたのでしたね。
つまり、
「2年前もしくは2期前で売上1000万円未満で免税事業者」であった方も
「1年前もしくは1期前の前半(6か月)で売上1000万円を超えたら」
やはり課税業者になってしまうという改正なのです。

でもここで大事な「抜け穴」があるのです。
課税当局に言わせたら
「実務上を考慮し・・・」
ということなのですが、これは余計混乱しないでしょうか・・・。

簡単に言えば
「売り上げがあっても給料をたくさん(1000万円)払っていないのなら
セーフにします」
いう「抜け穴」なのですね。
でも法律はことさら難しく表現しています。

「1年前もしくは1期前の前半(6か月)で売上1000万円を超えたら」
に変えて
「1年前もしくは1期前の前半(6か月)で給料1000万円を超えたら」
とすることも『できる』

となっているのですね。
この『できる』というのが曲者ですね・・・。
どちらも選択できるというのです。

一般論として、というか当たり前ですが
「税金をたくさん払いたい」人はいません。
知らないで「1年前もしくは1期前の前半(6か月)で売上1000万円を超えた」
ということで翌年消費税を計算して税金を納めて人がいるとします。
この「給料の判定」を知らないで・・・。

こうなったら、
税務署は「御社は給料をたくさん払っていないので大丈夫ですよ!」
といってくれるのでしょうか?

やはり「何だ!この改正は!!」
と思いますよね。
実は、この半年間の追加の判定は来年の1月から6月から始まってしまうのです・・。
こんなこと理解しようと思ってもできません・・・。


「売上以上に給料を払う会社がある訳ないではないか!」
誰でも思いませんか!

この背景は昨日申し上げた「性悪説」に基づくから分からないのです。
「売上以上に給料を払う悪い会社」があるから
こんな分かりにくい法律ができてしまったのです・・・。


消費税増税の節税対策 その5
2011.11.15

すいません。私の自慢話なんてどうでもよかったですね・・。
大事な消費税のお話に戻しましょう。


2011年11月1日に会社を設立したことをご報告しました。
さてこれがどうして消費税の節税のお話になるのか
ご説明しましょう。

今度の消費税の改正「判定基準の追加」はいつからかご存知ですか?
税制改正というのはこの「いつからか」というのが本当に大事ですね。
改正案が出されたあと、大震災が起こり、法案成立が延び延びになって結局

「2013年1月から」

ということが決まったのです。
つまり、個人では2013年からで、
会社では2013年1月開始事業年度からです。

ということは、もし会社を設立するには
「2012年12月開始事業年度までは」
この改正の影響を受けないのですね。
ということは、2011年11月1日に会社を設立して決算を10月とすると、
1期目は2012年10月に終了して、
2期目は2012年11月に開始しますから
この改正の影響は受けないということになるのですね。
まるまる2年間は免税になるのですね。

同様に、来月の12月に設立して決算を11月にしてもよいでしょう。
1期目は2012年11月に終了して、
2期目は2012年12月に開始しますから
大丈夫ということなのですね。

12月設立もいいですね。
2011年12月1日(大安)あたりがお勧めですね。
あと大安は7日、13日、19日ですか。

「ごろ合わせは」各自で好きに考えてください・・・。


さてこの消費税の改正で一番わかりにくいところをお話ししましょうか。
ここを解説するとかえって分からなくなると思っているので
あえて触れなかったのです。
この改正の「とんでもない」理由が分かります。
言い方悪いかもしれませんが、「性悪説」に基づいているのです。
だから「とんでもない」と申し上げているのです・・・。
(また言い過ぎでマズイか・・・)


日中友好囲碁大会
2011.11.14

そろそろフルマラソンまであと2週間なので30キロくらい
走り込みをしなければいけないなと思っていたのですが
「どうしても囲碁大会に出てほしい」
という知人からの要請で、ランニングはあきらめ
「のこのこ」でも「喜んで」参加してきました。

日中囲碁.JPG

昨年も参加しましたが、「日中友好囲碁大会」
5人一組の団体戦なのですね。
これが実に楽しい。
囲碁は本来一人でやるものなのですが、
それをチーム戦にするところに面白味があります。
勝ち上がるのには最低3人勝たないといけないのですね。

ですからチームの迷惑にならないように、何としても勝たなくてはならない。
勝つとうれしさが5倍になります。
万が一チームが負けるということは、負けた人が最低3人以上いるわけですから
仲間と「慰めあう」こともできる・・。

チームワークが当然必要で、そういう意味で「スポーツ感覚」で楽しめるのですね。
もっとこういう大会があればよいのですけどね。

私の所属する囲碁の団体から8チームもでていました。
ということは40名!です。
皆で励ましあったり、慰めあったり和気藹々。
終わったあとの懇親会も楽しいものです。
囲碁を通じていろいろな人と知り合える・・・。

ちなみに結果は、わがチームは優勝でした。
5人の中で唯一私だけが全勝で優勝に貢献できました。
(すいません。また自慢話・・・)


ただ最後に少し辛口のコメント。
どうしても勝ちたい意識が強すぎるのか、誠に残念ながら
「アンフェア」な態度が多くみられました。
あまり詳しくは書きたくないのですが、
時間切れ勝ちを狙うような「アンフェア」なプレーです。
中学生までがそういうことをやっていたのは正直がっかりしました。

プロ棋士がそういうことやるから真似てしまうのでしょうか。
ルール改正をするか、囲碁を教える側が最初に
きちんと指導すべきことなのでしょうね。
囲碁歴43年の真の囲碁愛好家としては切に思います・・・。



消費税増税の節税対策 その4
2011.11.11

「消費税の判定は2年前」
ということが、消費税が制定されて約20年ずっと続けられていました。


実は今回の改正で
「消費税の判定は1年前」
ということも「震災のどさくさで・ついでに」加えられてしまったのです。

「誰がこんなことを決めたのだ!」
ということにならないでしょうか。

判定期間が2年前に1年前も加えられた改正の意味をもう少し
分かりやすく説明しましょうか。


個人事業を営んでいる方で
2011年の売上がもし1000万円を超えていたら、

税務署から
「すいませんが、2013年から消費税を納めてください」
と言われるのでしたね。

「すいません。」と謝られるかどうか知りませんが・・・。
でも実際に、2011年の売上が分かるのは
2012年の3月に確定申告する際ですね。
個人事業の方は、忙しくて自分の売上なんか普段から計算していられないですからね。

2012年の3月に
「やっとうちの商売が軌道に乗り、売上が1000万円を超えたか!
これからもっと頑張ろう!」

そう思いますよね。
しかもここで大事なのは、
(ここで気が付いて欲しいのですが・・・なかなか気が付かないですね・・・)

「でも来年の2013年から消費税を払わなければいけないのか。
年末に販売価格の見直しをしたり、消費税分を積立したりしなければいけないのかな・・・」

と来年からの対策も考えられるのですね。
そのあたり指導するのも税理士の役目だとは思いますが・・・。

でもこんな個人事業の方もいるでしょう。

「今年は1000万円届かなかった、今年は震災の影響で仕方がないか・・・
でも2013年は仮に増税になっても消費税は納めなくて済みそうだし・・・」

「でも来年はもっと頑張ろう。日本復興のために死ぬ気でやろう!!」

そう決意を新たにされた経営者が
2012年本当に死ぬ気で頑張って、前半だけでもう1000万円を超えたとします。
そうすると個人事業者の方に思いもよらないことが起こってしまいます。

税務署から
「すいませんが、やはり来年の2013年から消費税を納めてください」
と言われるのですね。

本当に「すいません。」と謝ってほしいのは私だけでしょうか・・・。


消費税増税の節税対策 その3
2011.11.10

「消費税の判定は2年前」
ということをしつこく説明しましたね。
すいません。あえて「クドクド」説明したつもりです。

「そんなこと知っているよ!」
という人も多いでしょう。
でも知らない人もやはり多いのではないでしょうか。
政治家にも・・・。
野田総理も多分知っているとは思いますが・・・・。

野田総理は
「2010年代の半ばまで段階的に10%」
と世界公約してしまいましたね。
「段階的」というのも「謎」ですし、「2010年代半ば」とは
いったい、いつのことなのでしょうか。
常識的に「段階的」とは「8%」か「7%」に引きかげてから
次は「10%」ですよね。
「2010年代半ば」とは、これも「2014年から16年くらい」を
常識的には考えるのでしょう。

ということは、「勝手な推測ですが」
2013年から8%に、2015年から10%くらいを考えているのでしょうか。

では、ここで問題です。2013年に消費税を納める人は
いつの売上で判定するのでしたか?

もうお分かりですね。
2011年。つまり今年です。

「本当かよ!早く言ってくれれば・・・」
と言われないために、昨日から「クドクド」説明しているのです。
今年売上1000万円を超えた方が、急に増税の「カウンターパンチ」を
浴びせられる可能性もあるのですね。

急に税率アップはないかもしれませんが、その方向に動いているのは
間違いないのです。

さあ、そんな背景から、消費税の増税をもう一度考えてみましょうか。
今回の税制改正でその「1000万円基準」に「知らない間に」メスが
入ってしまっていたのです。
昨日
ご説明したように、
個人なら開業から2年間、会社なら設立から2期間消費税が
免税となることができました。
でも、さらに厳しい基準ができてしまっていたのです。
それがいつからかご存知ですか?
2013年からなのです。

「なんだ?この改正は?」
と税理士なら誰しも思ったでしょうし、
あまりにもタイミングが良いのですね。

でもここをきちっと押さえておかないと大変なことになるのですね・・・。



消費税増税の節税対策 その2
2011.11.09

昨日のブログで問い合わせがあったのですが
会社の設立日というのは、「登記申請日」なのですね。
ということは、登記所がやっていない「土日祭日」は設立できないのですね。
だから11月23日は勤労感謝の日でお休みですから
「1123」(いい兄さん)はできないのですね。
あと「1113」(いい父さん)も。

でも「1116」(いい色)も「1129」(いい服)もできそうですね。
昨日からいろいろ考えています・・・。


さて、「会社を作るとどうして消費税対策になるのか」
これをまず分かりやすく解説してみましょう。

消費税を納めなければならない個人または会社を「課税事業者」と
いうのですが、この課税事業者に該当するには、よく
「売上1000万円」ということが言われますね。

でもここが難しいところなのですが、
売上が1000万円を超えたら急に消費税を納めなければ
ならないかというと、そうではないのですね。
ここ知らない人、分からない人が実に多いのです。

「先生!今期はどうしても1000万円は売上超えてしまいます。
消費税どうしたらいいのでしょう?」

よく聞かれるのですね。

「今期は大丈夫です。消費税を納めなければならないのは翌々期ですから」

何度お答えしたでしょうか。
でもここ本当に分かりにくいのですね。消費税の構造上、仕方がないです。
消費税を納めなければならないかどうか、つまり課税事業者に該当するか
どうかは、常に前々期で判定するのです。
個人であるなら前々年なのですね。

ですので、ここで誰しも思うことがあります。

「そうなると、当社は開業したばかりだから前々期がない?どうなる?」

そうなのですね。開業して1期目と2期目、個人なら1年目、2年目は
判定する期間がないから消費税の「課税事業者」にはなりえないのです。
だから今まで消費税を納めなかったのですね。

消費税を納めなくてもよい人または会社を「免税事業者」というのですが
開業して2年間はまさに「免税」だったのです。

ところがここに今回の「税制改正」で「とんでもない」メスが
入ってしまったのです・・・。


消費税増税の節税対策 その1
2011.11.08

野田総理が海外で消費税増税を公約してこれからどうなるのでしょう?
所得税もどうやら増税されそうだし、これから大変な税制になりそうですね。
マラソンや囲碁ばかりやって遊んでいる訳でもないのですね。
これからのことを真面目に考えています。
税理士として枕を高くして寝られない日々が続くかもしれませんね・・・。

税理士の役割がますます重要になっていくのでしょう。
国の財政を考えたら増税せざるを得ないのでしょうし、
これから日本復興の財源をなんとしてもねん出しなければ
ならないのは自明の理です。

我々の税金が、気仙沼の小学校や中学校の建設費用に充てられるなら
納得しますけどね・・・。


でも税の現場を見ている税理士としては、確定申告の際に
お客さんに消費税の納付書を渡したときのことを
つい考えてしまいます。

「今年までなら100万円で済んだのですけど
10%になりますと200万円納付することになりますね・・・。」

気仙沼の喜ぶ小学生の顔も浮かびますが、
中小企業経営者の苦悩する顔も浮かびます・・・。
厳しい現実がこれから中小企業を襲うのでしょう。

節税策も真面目に考えておく必要があるのではないでしょうか。
よく税理士試験をたとえて言いますが、
「税理士試験は一定条件のもと、いかに合法的に税金を少なくするかを
計算する試験です」
税金を多く払わせたら不合格で、税理士になれないのです。
つまり、これから税理士の腕の見せ所なのですね。


2011年11月1日に、お客様の会社を数社設立しました。
一並びで実にいい数字ですね。

2011年11月11日(オールワン!)
というのもこれからありますし、

2011年11月22日(いい夫婦)
なんて車のナンバーでは、「1122」なんて一番人気の数字なのですね。
つまり今月は会社設立にはもってこいなのです。

どうして、そうなのか。
それがなぜ節税なのか真面目に考えたいと思います。


ちなみに私の車のナンバーは1511(囲碁いい・以後いい)
これはまったく関係ないですか・・・。


全日本大学駅伝と錦織圭
2011.11.07

ここ一か月毎週マラソンにエントリーしていましたが
さすがに今週はお休みです。
全日本大学駅伝をテレビ観戦して、「イメージトレーニング」と
「フォームチェック」ですね?

出雲駅伝で東洋大に負けた駒澤大学が雪辱を果たしましたね。
最終区で「山の神」柏原選手の追い上げが実に見事でした。
「山の神」は平地でも実に強いですね。
ゴールしてから大泣きしていた根性に感動しました。

4年生ですから今年で卒業ですね。
あの根性があればフルマラソンも期待持てますね。
ぜひ埼玉県庁に入って?オリンピックを目指してほしいですね。

今回の大震災で身内を亡くされた青山学院大学の一年生が
快走していて思わず目頭が熱くなりました・・・。

ところで早稲田大学はどうしたのでしょうか。
箱根駅伝に期待しましょう!


錦織.jpg

錦織選手もすごかったですね。
世界ランク一位のジョコビッチ(セルビア)に勝ったのは
本当に驚きました。
日本人でも世界ランク一位に勝てる時代が来たのですね。
その歴史的な勝利を心から喜びたいですね。
でも決勝のフェデラーは負けても仕方がないですか。
地元のフェデラーですからね。
完全アウェーでやりにくかったでしょう。

これでいずれベスト10に入ってくるかもしれませんね。
シードの大会が多くなって、大会出場が増えるでしょう。

これからは、ぜひテレビ中継をやってほしいですね。
ユニクロがスポンサーならいい宣伝になるはずですから。
ユニクロの「錦織圭モデル」なんか販売したら
間違いなく売れますよ。


ゴルフあり野球ありのテレビ観戦三昧の一日でした。
でもスポーツはやはり自分がやるのが一番ですよ!


つくばフルマラソン挑戦まであと20日!


東京税理士会囲碁大会
2011.11.04

JR千駄ヶ谷駅から徒歩5分。新宿御苑の隣に東京税理士会館があります。
数年前、総工費数億円もかけて実に立派な会館ができました。
その2階大会議室で春と秋の年2回、休日に囲碁の大会があります。

DSC_0030.jpg

税理士登録した13年前から出ていますが、
つい最近までは平日に行われていたのですね。

「昼間から仕事しないで碁を打っているとは優雅な業界だな。」

とよく思っていたのですね。
でも最近はやはり休日に行われるようになってきました・・・。当然ですね・・。

参加者60数名。
AクラスからDクラスまで棋力よって16人ずつランク分けされます。
実は、税理士会の囲碁のランクは段級位ではないのですね。
普通、町の碁会所で打つ時は、段級位をつけるのですが、
これはなかなか公平ではないのですね。地域差もかなりあるし。

それで東京税理士会では「点数制」を取り入れています。
現在ではランクが最高の人で200点くらい。一番下の人で30点くらい。
1回勝つと1点上がり、1回負けると1点下がります。
そういう意味で実に公平なシステムですね。
普通の碁会所で四、五段の人が150点から160点くらいで
7点違うと一段差あるような感じです。


すいません。また自慢話になってしまいますが、
私の点は現在190点くらいです。

190点以上の人は東京税理士会には5人しかいないのですね。
ということは私は「ランク5位」ということになるでしょうか。
最高位の人と10点くらい違いますから、
囲碁で言う「棋力」でいうと、一目差違いくらい。

いつかランキング1位になってみたいですね。
なったら、当然ですが、このブログでまた自慢げに
アップしますから大丈夫?です。


ところで、大会の方はAクラスに出場。
ただ残念ながら準決勝で負けてしまいました。
でも3位決定戦で勝って結局3位でした。
まあよしとしましょうか・・・。

休日はマラソンだけではないのです。
囲碁で頭のリフレッシュ! これも楽しいですよ!


人生の主人公
2011.11.02

マラソンの魅力を書きながら、昔学生時代に聞いた
「さだまさし」さんの「主人公」という曲を思い出しました。
すいません。また得意の昔話です。
今の方にとってはフォークソングという根暗なミュージックかもしれませんが、
あの頃は流行っていたし、結構好きでした・・・。

私の人生の中では~♪
私が主人公だと~♪


この歌詞が本当に好きでした。
そうなのですね。自分の人生ですから、自分が主人公で
あり続けたいですよね。

30代、40代のサラリーマンには、今はつらい世の中なのでしょう。
円高で、大震災あり、大洪水あり、TPPあり・・・これから先の人生どうなるか
分からないし、自信が持てないのかもしれません。
昨日書いたように、それでマラソンを始める人も多いのでしょう。
先日の「大阪マラソン」をきっかけにまたマラソンの魅力に取りつかれる方も
たぶん急増するでしょう。


マラソンは自分が「主人公」だと常に感じます。
ただ市民ランナーで自分が優勝するなんて思って走る人はいません。
でも走っているとき、沿道の方から「頑張れ!頑張れ!」と応援されると、
自分がマラソン選手=主人公 にでもなったような気もするのですね。
あれが、一つの「達成感」であり、「満足感」でもあると思うのです。


ところで、最近飲食業ネタが多いですよね。
実は、飲食業の独立開業相談が急に増えてきたのです。
不景気で都心の店舗賃料が下落しています。
そういう意味で、店を持って独立する方にはチャンス到来なのですね。

料理人にとって、独立開業は一つの夢です。
でも先が見えないこの世の中にあって、独立は常にリスクを伴います。
「でもいつか店を持ちたい。自分のオリジナルの料理を作ってみたい・・・」
料理人なら誰でも思うのですね。
サラリーマンとして毎日同じ料理ばかり作らされると余計思うそうです。

そういう人にこうアドバイスするのです。
「あなたの人生はあなたが主人公ですからね。」

料理人でマラソンをする人も多いと良く聞きます。
自分の人世の主人公になるために、そして夢を実現するために
一度走ってみませんか・・・・。


マラソンの魅力
2011.11.01

市民マラソンブームの立役者は、やはり金哲彦さんですね。

金哲彦.png

週末の朝日新聞にも掲載されていましたね。

「マラソンブームの背景には、東京マラソンがきかっけであることは
間違いない。これだけの先が見えない世の中にあって、特に多くの30代
40代のサラリーマンが、『達成感』を求めてマラソンをするようになった・・・」

「達成感」は私も認めます。
フルマラソンを完走した「達成感」はいいようのないものですね。ただ
「でもそれだけでもないな」
そう思うのです。

ここ一か月、このブログでもどこでもマラソンネタを披露していると
「よくそんなに走れるね?どうしたのですか?」
と聞かれることも多いのですね。
この年代で毎週末マラソンにエントリーしている税理士は
私くらいでしょうけど・・・。

「達成感」以外にある種の「満足感」というものもあるでしょうか。
たとえば先日も谷川真理さんと一緒に走りましたね。
素人でもオリンピックのメダリストと一緒に戦える(走れる?)競技は
マラソンくらいしかないのではないでしょうか。

サッカーのなでしこジャパンに感動しましたが、いくらサッカーが
うまくても澤選手同じピッチに立てる訳ないですよね。
野球だってそうです。イチロー選手と同じグランドに立って野球なんて
できないし、いくらゴルフがうまくても石川遼と一緒にラウンドなんかできない。

でも高橋尚子さんと一緒に走れるマラソン大会はたくさんあるのです。
いわば一緒にピッチにたてるのです。
こんな楽しいスポーツほかにないですよね。

もっと言えば、来年の東京マラソンでディフェンディング・チャンピオンの
市民ランナーの星・川内選手と一緒に走れますよね。
彼は本当にオリンピックにでられるかもしれない選手です。

私は囲碁やテニスもやりますが、いくら頑張っても、全国大会出場どころか
東京大会の地区予選であっさり負けてしまいますね・・・。
要するに他の競技で決勝まで残るなんてありえないし、
日本代表選手と一緒に競技することすら、まずできないのです。

東京マラソンで川内選手と一緒に走って、万が一か、億が一でも?
2時間5分くらいで走ったとしたら、日本代表かオリンピック候補?に
なれるかもしれないのです。
こんな「夢のある競技」はマラソンしかありえないと本当に思うのです。


最後に、私がエントリーするときに、必ずつける所属団体名は
「中野夢走会」です。
私が勝手に作った団体ですが、
走友会なんて月並みな名前なんて付けていません。

ただ会員はまだ1名、私だけです。
どうですか?
一緒に「夢に向かって」走りませんか・・・。



メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!