少額株式投資の非課税措置 22年度税制改正 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税金情報

少額株式投資の非課税措置 22年度税制改正

少額株式投資の非課税措置 22年度税制改正

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

22年度税制改正で法人関連のポイントは既に
ご案内させて頂きましたので、今日は個人関連から
少額株式投資の非課税措置をご紹介させていただきます

期間:平成24年1月1日~26年12月31日までで
   最長10年間。つまり24年1月に口座開設すれば
   33年まで有効

対象:20歳以上で日本に住んでいる者

限度:非課税口座内で新たに投資する上場株式等の取得価額の合計 
   100万円を上限

口座:1人につき1年間に1口座のみ

申請:口座開設希望者は、対象年度の前年の10月1日から口座開設年の
   9月30日までに金融機関を通じて税務署長に口座開設確認書の
   交付を申請する

非課税:上記非課税口座で取得価額100万円以内であれば配当所得
    譲渡所得、さらに住民税が非課税

制限:非課税口座の活用は、例えば100万円に満たない場合に
   未使用の金額分を翌年以降に繰り越したり、いったん譲渡した
   金額枠を再利用することはできない。

なんだか、ややこしそうな税制です。
しかも、個人投資家を育成するための措置なんだそうですが
非課税枠がわずか100万円です。。。

2010年01月23日  公認会計士・税理士:近江清秀

Yahoo!ブックマークに登録  グーグルブックマーク  はてなブックマーク  ライブドアクリップ