退職所得の源泉徴収事務 Ⅲ 退職所得の課税年分 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税金Q&A

退職所得の源泉徴収事務
Ⅲ 退職所得の課税年分

退職所得に対する源泉徴収は、他の所得と同様に、退職手当を支払う際に行いますが、その退職手当がいつの年分の所得となるかは、その退職手当の収入すべきことが確定した日がいつであるかにより判定します。


退職手当の収入すべきことが確定する日は、一般的には、その退職手当の支給の基因となった退職の日ですが、次の退職手当については、それぞれ次の日とされています(所基通36−10)。

※2010年1月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。