酒類業組合法上の義務 酒類販売管理者選任の届出義務 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税金Q&A

酒類業組合法上の義務
酒類販売管理者選任の届出義務

酒類小売業者は、酒類販売管理者を選任し、又は解任したときは、2週間以内に、その旨を「酒類販売管理者選任(解任)届出書」に記載の上、所轄税務署長に届け出なければなりません。


この届出を怠った場合には、10万円以下の過料に処することとされています。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。