酒税関連情報 承認を受ける義務 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税金Q&A

酒税関連情報
承認を受ける義務

製造場にある酒類に一定量の種酢又は酢を混和する等により飲むことができないよう処置を施す場合は、あらかじめ所轄税務署長に「酒類の製造・移出等承認申請書」により申請して承認を受ける必要があります。


なお、上記承認は、不可飲措置を施すことにやむを得ない事情があると認められる場合に限られます。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。