税理士の顧問料・報酬・料金・価格の相場をご案内しています。 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税理士コラム

税理士コラム

赤松税務会計事務所ブログ

サラリーマンの副業と確定申告

2011.02.05

確定申告時期によくあるご相談は、サラリーマンの副業の確定申告についてです。

最近は、アフィリエイトやネットオークションなどインターネットを利用した副業が
多いのですが、サラリーマンの副業は通常、雑所得になります。

収入から必要経費(ネット副業であればプロバイダー料等の通信費など)を
差し引いた所得が20万円以下であれば、確定申告の必要はありません。

ただし、確定申告をする必要がない人であっても、医療費控除などを受けるために
確定申告をするときは、20万円以下の所得もあわせて申告しなければなりません。

20万円以下の所得については、非課税というわけではなく、確定申告をしなくても
よいという規定ですので、確定申告をする場合にはすべての所得の申告が必要
ということです。

20万円以上の所得であれば、給与所得と合わせて確定申告が必要になります。

副業を会社に知られたくないという方も多いようです。

確定申告をすることによって、副業分の住民税が増えて、その通知が会社宛て
にされることが困る場合には、「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」
を「自分で納付」(普通徴収)を選んでください。

給料分の住民税は会社から天引きされ、副業分の住民税は自分で納付する
ことができます。

会社が副業が禁止していることもありますので、どこまでが副業とみなされる
かも含めて就業規則などを確認しておくことをお奨めします。

『相続の現場55例』好評発売中!1500円(税込)
メールお問い合わせはこちら!