税金Q&A (財)△△△協会が行う金銭の貸付業の収益事業の判定 | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > (財)△△△協会が行う金銭の貸付業の収益事業の判定

税金Q&A

(財)△△△協会が行う金銭の貸付業の収益事業の判定
【Q】

(財)△△△協会は、会員からの拠出に係る資金と銀行からの借入金を原資として、会員に対して舎屋の新築・増築資金の貸付けを行っています。
当該貸付事業は、

① 会員の拠出に係る資金を主たる原資としていること(会員からの拠出に係る資金の割合は全体の資金の51%)

② 会員のみを対象として貸付事業を行っていること

③  会員に対する貸付金の利率が法人税基本通達15-1-15((金銭貸付業に該当しない共済貸付け))に定める基準割合以下(会員にはその拠出金に対する利 息を支払っており、その利率は会員に対する貸付金の利率を下回ります。)であることから、同通達により、公益法人等が行う収益事業には該当しないものとし て取り扱って差し支えありませんか。

(注) (財)△△△協会は、公益法人制度改革に伴う改正が施行される前の民法第34条の規定により設立された公益法人であり、新たな公益法人制度下においては、一般財団法人として存続する予定ですが、まだその手続はしておりません。


【A】

収益事業に該当します。

(理由)

公益法人等が行う金銭貸付業は、その貸付先が不特定又は多数の者である場合に限らず、原則としてすべて収益事業に該当しますが、その金銭貸付けが 会員、組合員の拠出に係る資金を主たる原資とし、専らその会員、組合員を対象として低利で行われている場合には、会員、組合員が当該公益法人等を通じて相 互に資金の融通を行っているだけのことであるともいえ、課税上の弊害も少ないことから、法人税基本通達15-1-15(以下「通達」という。)により収益 事業課税の対象としない旨明らかにしているところです。
しかしながら、本件については、次に掲げるような事実が認められることから、実質的には、会員、組合員の拠出に係る資金を貸付金の「主たる原資としている」共済貸付けには該当しないものと考えられます。

①  通達でいう会員、組合員の拠出に係る資金を貸付金の「主たる原資としている」という要件は、会員、組合員の拠出に係る資金が全体の資金の50%を超えてい ることをもってその要件に合致していると考えるのではなく、本来的には会員、組合員の拠出に係る資金を原資として貸付けを行い、例えば、一時的に資金 ショートするような場合に金融機関等からの借入金で資金を調達するような制度を想定しているものと考えるべきですが、本件については、資金の50%近くを 金融機関から借り入れていること。

② 会員に対する貸付資金を調達するためのコスト面からみた場合、金融機関に対する支払利息の額が会員の拠出金に対する利息の額を超えていること。

③ 会員の拠出金に対する利率と会員への貸付金に対する利率との間に開差があり、それが金融機関に対する支払利息に充てられていると認められること。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!