税金Q&A 米国自営業者税は外国税額控除の対象となるか | 紹介実績NO.1のビスカス 税理士紹介センター

税理士 紹介ビスカス > 税金Q&A一覧 > 米国自営業者税は外国税額控除の対象となるか

税金Q&A

米国自営業者税は外国税額控除の対象となるか
【Q】

日本の居住者A(医業を営む者)は、米国国籍を有していることから、米国においても所得税の申告書を提出していますが、米国では、個人事業所得者については所得税以外に「自営業者税(セルフ・エンプロイメント・タックス)」が課税されています。
この自営業者税は、我が国の所得税の計算上、外国税額控除の対象となりますか。

(注) 米国では、被雇用者については社会保険税が課されており、自営業者については社会保険税に代えて自営業者 税が課されています。この自営業者税は、事業所得の金額を基準として課されますが、我が国の社会保険料に相当するもので、その税額の2分の1は米国の所得 税の申告において所得控除されています。


【A】

米国の自営業者税は、外国税額控除の対象とはなりません。

米国の自営業者税は、事業所得の金額を基準として課されますが、社会保険制度の原資として徴収されるものであり、税という名称を付しても、我が国の税体系からみて所得税に相当する税とはいえず、社会保険料に該当するものです。
したがって、自営業者税は、外国の法令に基づき課される所得税に相当する税に該当しないことから、外国税額控除の対象とはなりません。

※2009年12月現在での情報を元に制作しております。最新または正確な情報をお求めの方は、専門家にお問い合わせください。
|
メディア掲載情報
全国の書店にて好評発売中!