2024年上期に発行予定の「新紙幣」 約20年ぶりにデザイン一新 – マネーイズム
 

2024年上期に発行予定の「新紙幣」 約20年ぶりにデザイン一新

2024年度上期に発行を予定している新紙幣。紙幣のデザインが変わるのは2004年以来で約20年ぶりとなります。今回デザインが一新されるのは1万円、5千円、千円の3種類のお札です。
11月21日には、新紙幣をATMや自動販売機などに読み取らせるためのメーカー向けテストが行われました。

紙幣への導入は世界初!3Dホログラム技術

偽造紙幣対策として、20年ごとに主要な紙幣のデザインが大きく変わる日本の紙幣。今回発行される新紙幣には、最新の技術を採用した偽造防止対策も取り入れられています。
表面の肖像画には、1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎を採用。1万円札の肖像の変更は、1984年に聖徳太子から福沢諭吉に変わって以来、約40年ぶりの変更となるそうです。
また新紙幣では、偽造を防ぐため、角度を変えると立体画像が回転しているかのように見える、最先端のホログラム技術が採用されています。光に透かすと模様が浮かび上がって見える「すかし」についても、今までよりも高精細で再現しにくい模様を導入。お札を区別するために記されている「記番号」についても、現行の最大9桁から10桁に増やすようです。
他にも、触るだけで紙幣の種別を識別できる加工を施したり、洋数字の金額表記を大きくするなど、全ての人に使いやすい改良を予定しているそうです。
 

<新紙幣のデザインは下記>

新1万円札
表面:渋沢栄一 「日本の資本主義の父」とも称される実業家
裏面:東京駅(丸の内駅舎)「赤レンガ駅舎」として親しまれた歴史的建造物、重要文化財
 

新5千円札
表面:津田梅子 最初の女子留学生の一人で、津田塾大学を創立
裏面:古事記や万葉集にも登場し、日本で古くから親しまれているノダフジ
 

新千円札
表面:北里柴三郎 破傷風の血清療法を確立、「近代日本医学の父」として知られる
裏面:冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」 葛飾北斎の代表作で、日本を代表する浮世絵
 

画像引用:新しい日本銀行券について【国立印刷局】

まとめ

急速に拡大、多様化するキャッシュレス決済が進むタイミングでの新紙幣発行。
超高齢化社会の日本だからこそ、紙幣の需要が一気に減ることは無いと予想されていますが、20年後にまたデザインが一新されるのか、はたまた現金が使われなくなる時代が来るのか、今後の動向が気になるニュースです。

マネーイズム編集部